野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「全西武ファンがひっくり返った」22イニングぶり得点は源田の完璧1号で驚き

西武の源田壮亮内野手が1日、敵地・京セラドームでのオリックス戦で先制の2ランを放った。チームでは9月27日の楽天戦(メットライフ)以来22イニングぶりの得点が主将の珍しい今季1号とあって、ファンからも驚きの声が上がった。

今季1号を放った西武・源田壮亮【画像:パーソル パリーグTV】
今季1号を放った西武・源田壮亮【画像:パーソル パリーグTV】

オリックス先発・田嶋から先制2ラン、自身も昨年8月以来の1発

■西武 7-6 オリックス(1日・京セラドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 西武の源田壮亮内野手が1日、敵地・京セラドームでのオリックス戦で先制の2ランを放った。チームでは9月27日の楽天戦(メットライフ)以来22イニングぶりの得点が主将の珍しい今季1号とあって、ファンからも驚きの声が上がった。

 3回1死二塁で、オリックス先発の田島の初球を引っ張ると、打球は右翼スタンドへ。飛距離十分の完璧な当たりは、自身にとっても2019年8月15日のオリックス戦(メットライフ)以来1年以上ぶりの1発。チームに3試合ぶりの得点をもたらした。

 「パーソル パ・リーグTV」のYouTubeチャンネルは「【先制たまラン】源田壮亮の1号でチーム22イニングぶり得点」と題して動画を公開。ゼロ行進をストップさせたのが、プロ通算10本塁打目となった源田の今季1号とあって、ファンは「全西武ファンが驚きでひっくり返った」「源田たまラン」「源ちゃんのホームランは相当レア!」と目を丸くしていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」