野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「何であれで届く…」 ロッテマーティン、規格外の“ランニングレーザー送球”が凄い

今シーズン好守でロッテを牽引しているレオネス・マーティン外野手。広瀬アリス似と話題になり今やチームの顔ともいえる存在だが試合中に見せた何気ない“ランニングキャノン”が話題になっている。

ロッテのレオネス・マーティン【画像:パーソル パ・リーグTV】
ロッテのレオネス・マーティン【画像:パーソル パ・リーグTV】

右翼からランニングスローでホームにダイレクト送球、ありえない鬼肩に球場もどよめく

■西武 1-0 ロッテ(2日・ZOZOマリン)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 今シーズン好守でロッテを牽引しているレオネス・マーティン外野手。広瀬アリス似と話題になり今やチームの顔ともいえる存在だが試合中に見せた何気ない“ランニングキャノン”が話題になっている。

 ZOZOマリンスタジアムで行われた2日の西武戦。5回1死一、三塁の場面で西武山川が放った右翼への浅い飛球に三走・栗山はタッチアップを諦めたが、ここからマーティンが驚愕のスローを見せた。

 前進し捕球すると2、3歩ステップを踏みホームへランニングスローでノーバウンド送球。軽く投げたように見えたが一直線で柿沼のミットに収まる弾丸スローとなった。これには球場からもどよめきが起こるほどだった。

 マーティンが見せた何気ない送球を「パーソル パ・リーグTV」YouTubeも注目。動画を公開するとファンからも「何で走りながらそんな飛ばせんねん」「送球ヤバすぎ」「マーティンの肩どうなってんの?」「走りながら投げてあの送球…」「何であれで届くねん」と驚きの声を上げていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」