野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュ好投も打線沈黙…同僚主砲リゾ沈痛「僕らが役割を果たせず辛い」

ダルビッシュ好投も打線沈黙…同僚主砲リゾ沈痛「僕らが役割を果たせず辛い」

カブスのダルビッシュ有投手は2日(日本時間3日)、マーリンズとのワイルドカードシリーズ第2戦で先発登板した。7回途中5安打2失点と好投したが、打線が沈黙して完封負け。チームは2連敗でポストシーズン敗退が決まった。

本拠地でのワイルドカードシリーズ第2戦マーリンズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
本拠地でのワイルドカードシリーズ第2戦マーリンズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

7回途中2失点と試合を作ったが、打線は5安打無得点と不発だった

■マーリンズ 2-0 カブス(WCシリーズ・日本時間3日・シカゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 カブスのダルビッシュ有投手は2日(日本時間3日)、マーリンズとのワイルドカードシリーズ第2戦で先発登板した。7回途中5安打2失点と好投したが、打線が沈黙して完封負け。チームは2連敗でポストシーズン敗退が決まった。

 息詰まる投手戦を演じたが、一発から崩れた。両軍無得点で迎えた7回2死、クーパーに左越えへ先制ソロを被弾した。さらにジョイスの二塁打、ロハスの申告敬遠で招いた同一、二塁では、シエラに右前適時打を献上。6回2/3で94球(ストライク69球)を投げ、6奪三振3四死球、5安打2失点。ドジャース時代の17年以来3年ぶりのポストシーズン登板で黒星を喫した。

 打線はわずか5安打で援護できなかった。このワイルドカードシリーズは2戦1得点。レギュラーシーズンでリーグ13位のチーム打率.220、同10位の265得点だった打線は一発勝負の大舞台でも振るわなかった。地元放送局「NBCスポーツ・シカゴ」は2戦で8打数無安打だった主砲のアンソニー・リゾのコメントを紹介。「打てていなくて、ダルビッシュが登板し、投手陣全体にも言えることだけど、頑張ってくれているのに僕たちが役割を果たせなかったことは辛い」と謝罪している。

 チームの大黒柱でもあるリゾと通算193勝左腕レスターの来季契約は球団オプション。同局は「プレーオフ敗退後、カブスのコアの未来は不透明」と見出しを打ち、ブライアントやバエズら2016年の世界一メンバーが揃う最後の試合になったかもしれないと伝えている。いずれにしてもカブスにとっては早すぎる終戦となったのは間違いない。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」