野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュ、今季の“通信簿”は「高評価に値する」 地元局が唯一「A」でベタ褒め

ダルビッシュ、今季の“通信簿”は「高評価に値する」 地元局が唯一「A」でベタ褒め

レギュラーシーズンで8勝を挙げ、日本人初となる最多勝を獲得したカブスのダルビッシュ有投手。マーリンズとのワイルドカードシリーズに敗れて今季を終えたものの、大きな飛躍を遂げた1年となった。地元局「NBCスポーツ・シカゴ」では、カブスの先発陣の“通信簿”を掲載。ダルビッシュは唯一の「A評価」を得た。

カブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
カブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

「多くの投手にとって『良い』と考えれられる登板が、彼にとっては『期待外れ』」

 レギュラーシーズンで8勝を挙げ、日本人初となる最多勝を獲得したカブスのダルビッシュ有投手。マーリンズとのワイルドカードシリーズに敗れて今季を終えたものの、大きな飛躍を遂げた1年となった。地元局「NBCスポーツ・シカゴ」では、カブスの先発陣の“通信簿”を掲載。ダルビッシュは唯一の「A評価」を得た。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 同局では「2020年の成績表:カブスの先発投手に成績をつける。ユウ・ダルビッシュ、ジョン・レスターなど」と題して記事を掲載。「カブスの先発ローテーションは、防御率3.77でレギュラーシーズンを終えた。それはMLBで6番目に良い成績だ」と総括した上で、選手個人を評価した。

 ダルビッシュは今季初登板こそ黒星を喫したものの、2試合以降は圧巻の7連勝。12試合に登板し8勝3敗、93奪三振、防御率2.01と抜群の成績を残した。記事でも「サイ・ヤング賞のレースを争ってる投手なら誰でも、高評価を受けるに値する」と称え、ただひとり最高評価の「A」を受けた。

 さらに7連勝したマウンドでは、いずれも2失点未満に抑えていたことも特筆。9月に入り、3~4失点する登板が3度続いたことに「多くの投手にとって『良い』と考えれられる登板が、彼にとっては『期待外れ』となってしまうようなシーズンだった」との表現で称えた。

 残るは、名誉ある称号の行方。記事でも「彼は、まだ、今シーズンのサイ・ヤング賞の候補者と言える」と触れている。名実ともに“最高の投手”の称号を得ることができるのか、注目される。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」