野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹、3連敗で首位陥落危機 “天敵”二木打てずに工藤監督「コントロール良かった」

ソフトバンクは9日、本拠地PayPayドームで2位のロッテと首位攻防戦を戦い、1-3で敗れてゲーム差なしに並ばれた。初回に押し出しとエラーで2点を奪われ、打線は“天敵”二木の前に7回までわずか3安打で1点止まり。試合後、工藤公康監督は「トータルなら投手は3点で抑えている。リリーフを含めてしっかりと自分たちの仕事をしたと思います」と語り、苦手の二木を攻略出来なかったことを嘆いた。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

二木に今季0勝3敗、昨季から7連敗とまた攻略できず

■ソフトバンク – ロッテ(9日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは9日、本拠地PayPayドームで2位のロッテと首位攻防戦を戦い、1-3で敗れてゲーム差なしに並ばれた。初回に押し出しとエラーで2点を奪われ、打線は“天敵”二木の前に7回までわずか3安打で1点止まり。試合後、工藤公康監督は「トータルなら投手は3点で抑えている。リリーフを含めてしっかりと自分たちの仕事をしたと思います」と語り、苦手の二木を攻略出来なかったことを嘆いた。

 初回、先発のムーアが先頭の藤原に、二塁への内野安打を許すと、中村奨へ四球、マーティンには死球を与えて無死満塁に。続く安田にも押し出し四球を与え、3連続四死球で先制点を献上した。さらに続く井上の三ゴロで捕手の甲斐が送球をこぼす痛恨のエラーを犯して2点目を許した。

 この2点が最後まで響いた。打線は初回、中村晃がソロ本塁打を放ったが、奪った得点はこの1点のみ。2回以降は三塁すら踏めず、この日が誕生日だった頼みの柳田も厳しいインコース攻めの前に3三振を喫した。「(二木は)コントロール良かったようですね。いいところに投げられていた。失投が少ない。コントロールがいいとなかなか捉えきれないというのはある」と語り、今季0勝3敗、昨季から7連敗となった“天敵”二木の出来に脱帽するしかなかった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」