野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンクが首位を死守! 東浜が熱投8回3安打1失点、ロッテは奪首ならず

ソフトバンクは10日、本拠地PayPayドームで2位ロッテと首位攻防第2ラウンドを戦い、4-1で勝利した。2回に松田宣の適時打、栗原の14号2ランで先制すると、先発の東浜がロッテ打線を8回1失点に封じる見事なピッチング。このカード1勝1敗とし、首位陥落を阻止した。

先発したソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】
先発したソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】

2回に松田宣の適時打、栗原の2ランで奪ったリードを東浜が守る

■ソフトバンク 5-1 ロッテ(10日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクは10日、本拠地PayPayドームで2位ロッテと首位攻防第2ラウンドを戦い、5-1で勝利した。2回に松田宣の適時打、栗原の14号2ランで先制すると、先発の東浜がロッテ打線を8回1失点に封じる見事なピッチング。このカード1勝1敗とし、首位陥落を阻止した。

 両チーム無得点の2回、ソフトバンクは1死から川島が左前安打を放って出塁。続く松田宣が三塁線を破る二塁打を放ち、川島が一塁から一気に本塁へと生還して先制した。さらに続く栗原が右中間ホームランテラス席へと運ぶ14号2ラン。3点を先行した。

 先発の東浜は序盤からロッテ打線をねじ伏せた。6回に藤原に適時打を許して1点こそ失ったものの、失点はこれだけ。8回まで投げて3安打1失点の力投で今季7勝目。9月10日の楽天戦から負けなしの5連勝とした。この勝利で2位ロッテとの差は再び1ゲームとなり、首位の座を死守。このカードでの首位陥落もなくなった。

 ロッテは先発の中村稔が2回3失点と誤算だった。松田宣の適時打、栗原の2ランで3点を失うと、川瀬の投ゴロが直撃して2回でマウンドを降りた。3回からはプロ初登板となった古谷が3回1失点と上々のデビューを果たしたが、打線が東浜の前に藤原の適時打の1点のみに抑えられて首位浮上を逃した。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」