野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

V間近の古巣「あの輪にいられたら」 元巨人マシソンが語る日本愛と阿部慎之助との絆

昨年限りで日本でのキャリアを終えた元巨人のスコット・マシソン投手。今季の古巣は圧倒的な戦いで2年連続のリーグ優勝目前に迫り、2012年以来の日本一奪回を視界に捉えている。このたび、Full-Countのインタビューでマシソンは、その2012年のVが自身の野球人生で最も輝いた瞬間だったと明かし、同僚にエールを送りながら、8年間の巨人での思い出を語った。

巨人で活躍したスコット・マシソン氏(画像はスクリーンショット)
巨人で活躍したスコット・マシソン氏(画像はスクリーンショット)

オンラインで米フロリダのマシソンをインタビュー、前後編でどうぞ

 昨年限りで日本でのキャリアを終えた元巨人のスコット・マシソン投手。今季の古巣は圧倒的な戦いで2年連続のリーグ優勝目前に迫り、2012年以来の日本一奪回を視界に捉えている。このたび、Full-Countのインタビューでマシソンは、その2012年のVが自身の野球人生で最も輝いた瞬間だったと明かし、同僚にエールを送りながら、8年間の巨人での思い出を語った。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 巨人戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 現役時代とは変わらない明るい姿がそこにはあった。自宅のある米フロリダで時には野球指導、時にはトレーニングを行っている。「日本に行きたいよ」とこの社会情勢で、予定していた来日も白紙に。「来年は絶対に行きたいね」と思いを馳せた。

 そんなマシソンにキャリアを少しだけ振り返ってもらった。

 2012年にフィリーズから巨人に移籍した。当時はトミー・ジョン手術明けで、マイナー暮らしも多かったが、日本行きのチャンスをもらうと迷わずに、海を渡った。

 最初は先発投手だったが、オープン戦で結果が残らず、開幕2軍スタート。しっかりと静止しないとボークを取られる日本のプロ野球の慣習に戸惑ったが、当時の豊田清2軍投手コーチ(現西武1軍投手コーチ)の指導により修正。その後、脅威の武器となるスプリットも学び、中継ぎとして1軍に昇格した。

 捕手・阿部慎之助(現巨人2軍監督)の存在も大きかった。バッテリーを組んだ試合は今でもよく覚えている。

「阿部さんと組んだとき、最初から彼のリードについていけばいいとすぐにわかりました。アメリカでは、投手が投げたい球を投げるけど、阿部さんのリードに従っていけば、間違いないとわかったので、すごく新鮮で心地よかったです」

 マシソンは中継ぎですぐに戦力となった。時には160キロを計測する直球とマスターしたスプリットはそう簡単に打たれはしなかった。来日1年目は40登板、2勝10セーブ8ホールド、防御率1.71。日本ハムとの日本シリーズでも好投し、チームの日本一にも貢献した。

「ファイターズとの試合でも阿部さんと組んで投げられ、日本一になったのは良い思い出です。2012年は日本に来て初めての年だった。それまでは、仕事として野球をやっているという感じだったけれど、初めて野球を楽しめた。アメリカも含めて、自分の野球人生で一番、印象に残っている大きな1年だったと思っています」

 マシソンはフィリーズでメジャー登板の経験もある。だが、米国よりも日本で過ごした一年の方が、より心に刻まれているという。日本のファンにとっても幸せなことだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」