野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ハム大田が強肩発動! 右翼からの“レーザーバックホーム”で場内拍手&どよめき

日本ハムの大田泰示外野手が11日、本拠地でのオリックス戦で強肩を発動させた。右飛を捕るや本塁に正確なワンバウンド送球を見せ、タッチアップした三塁走者をアウトに。スタンドから拍手が巻き起こるファインプレーでチームを盛り立てた。

日本ハム・大田泰示【画像:パーソル パ・リーグTV】
日本ハム・大田泰示【画像:パーソル パ・リーグTV】

浅めの飛球を助走つけてキャッチ→ストライク送球で三塁走者アウトに

■日本ハム – オリックス(11日・札幌ドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 日本ハムの大田泰示外野手が11日、本拠地でのオリックス戦で強肩を発動させた。右飛を捕るや本塁に正確なワンバウンド送球を見せ、タッチアップした三塁走者をアウトに。スタンドから拍手が巻き起こるファインプレーでチームを盛り立てた。

 場面は2回1死三塁。打席のオリックス大下が右翼方向に打ち上げた少し浅めの飛球に対し、右翼の大田は助走をつけながらキャッチ。その勢いのまま本塁へバックホームすると、猛烈な勢いのボールはワンバウンドしてストライク送球に。三塁走者の松井佑は懸命にスライディングを試みるも、捕手・朱水のタッチが早く、本塁憤死となった。

 オリックス側もリクエストをハナから諦めた完璧な送球で、スタンドからは割れんばかりの拍手とどよめきが沸き起こった。チームは序盤からリードを許す展開だが、ベンチの士気をあげるには十分のプレーになった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」