野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「一体どうやって…」変則フォームで衝撃の変化… レイズ右腕の投球にファン驚愕

「一体どうやって…」変則フォームで衝撃の変化… レイズ右腕の投球にファン驚愕

11日(日本時間12日)に開幕したア・リーグ優勝決定シリーズ。第1戦は筒香嘉智外野手が在籍するレイズが、アストロズを2-1で下して、まず先勝した。

3番手として登板したレイズのライアン・トンプソン【写真:AP】
3番手として登板したレイズのライアン・トンプソン【写真:AP】

リーグ優勝決定シリーズ初戦の7回にマウンドに上がったトンプソン

■レイズ 2-1 アストロズ(リーグ優勝決定シリーズ・日本時間12日・サンディエゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 11日(日本時間12日)に開幕したア・リーグ優勝決定シリーズ。第1戦は筒香嘉智外野手が在籍するレイズが、アストロズを2-1で下して、まず先勝した。

 この試合で1点をリードした7回にレイズの3番手として登板したライアン・トンプソン投手が変則的なフォームで投じる斬れ味鋭い変化球にファンが驚きの声を上げている。先頭のマルドナードを大きく横滑りするスライダーで空振り三振に打ち取ると、スプリンガーを二ゴロ、アルトゥーべを遊ゴロに打ち取り、1イニングを完璧に封じた。

 トンプソンといえば、一度大きく沈み込むように膝を曲げ、そこからサイドスローと一風変わったフォームでボールを投じる。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる名物セレブのロブ・フリードマン氏はツイッターで、この変則フォームから繰り出される、食い込んでくるようなシンカーとスライダーの変化の違いが一目瞭然で分かる動画を公開した。

 この動画にはファンも「エグイ」「不公平」「これはクレイジー」「いったいどうやって……」「信じられない」「どうやったらこんなの当てることができるの?」との声を上げ、驚きを隠せない様子だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」