野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「もはや芸術の域」巨人・松原聖弥、驚愕の両足浮きつつ“曲芸打法“で中前二塁打

巨人の松原聖弥外野手が驚愕の“曲芸打ち“を披露した。13日の本拠地・東京ドームでの広島戦。4点を追いかける6回、内角の足元付近のボールを捌いて中前へと運んだ。

巨人・松原聖弥【写真提供:読売巨人軍】
巨人・松原聖弥【写真提供:読売巨人軍】

6回に九里が投じた足に当たろうかという打球を後ろに飛びつつ安打に

■巨人 – 広島(13日・東京ドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 巨人の松原聖弥外野手が驚愕の“曲芸打ち“を披露した。13日の本拠地・東京ドームでの広島戦。4点を追いかける6回、内角の足元付近のボールを捌いて中前へと運んだ。

 松原が衝撃的な一打を放った。4点ビハインドで迎えた6回、1死で打席に入ると、広島先発・九里が投じた5球目のフォークを中前へと運んだ。内角低め、足に当たろうかというボールに、後ろに飛び跳ねつつ、腕を畳んでボールを捉えた。さらに俊足を飛ばして二塁を陥れて中前二塁打とした。

 続く坂本の適時打で反撃の狼煙をあげるホームを踏んだ松原。この一打を動画で公開した「DAZN(ダゾーン)」のツイッターも「もはや芸術の域」と、その驚きの一打を表現していた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」