野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人高橋が終盤10月に今季初勝利 リハビリ、復活を支えた杉内俊哉の助言

巨人の2年目左腕・高橋優貴投手が14日の広島戦(東京ドーム)に今季初先発。5回2安打1失点で嬉しい今季初勝利をマークした。打っては同点の2回2死一塁。放った右中間適時三塁打は、貴重なV打となった。左肘痛のリハビリを経て、つかんだ白星。様々な感情が駆け巡っていた。

巨人・高橋優貴【写真:荒川祐史】
巨人・高橋優貴【写真:荒川祐史】

3月に左肘痛で戦線離脱、打線と救援陣が初勝利をバックアップ

■巨人 6-1 広島(14日・東京ドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 巨人の2年目左腕・高橋優貴投手が14日の広島戦(東京ドーム)に今季初先発。5回2安打1失点で嬉しい今季初勝利をマークした。打っては同点の2回2死一塁。放った右中間適時三塁打は、貴重なV打となった。左肘痛のリハビリを経て、つかんだ白星。様々な感情が駆け巡っていた。

「初回から全力でいく」「まずは1イニングずつ」。自分にそう言い聞かせ、今季初の先発マウンドに立った。勝利を大きく手繰り寄せたのは、ストレートの強さだった。初回、まずは長野を二ゴロに仕留め、大きく息を吐き出す。田中も一ゴロ。鈴木には直球と変化球を織り交ぜ、最後はスライダーで右飛に。スピードこそ140キロ後半だったが、捕手・大城のミットに力強くボールは収まった。

 このストレートが軸となった。力感のないフォームから放たれた直球は球数以上に速く見え、打者は差し込まれた。キレがある分、変化球も生きる。「リハビリ中、やることはたくさんありましたが、強いまっすぐが投げられるようにならないといけないと思って取り組んできました」。その成果はあったと言っていい。

 きっかけを与えてくれたのは、同じ左投手で沢村賞や最多勝を獲得するなど球界屈指の好投手だった巨人・杉内俊哉2軍投手コーチの一言だった。

 まだ暑さの残る9月。ピッチング指導を受けていた高橋は杉内コーチから「ミットを突き抜けるようなイメージで投げよう」と助言を受けた。18・44の距離で勝負するのではない。捕手のミットを目がけるのでもない。腕を振って、そのもっと先へ、先へ、ストレートを投げ込むイメージだ。

 現役時代の杉内コーチもそうだった。ゆったりと始動し、力を抜くように、ポンと両手を合わせ、ボールを投げ込んだ。150キロが出るような直球ではない。それでも腕を振った分、打者は差し込まれていた。杉内コーチの場合は、さらに切れ味が鋭すぎるスライダーやチェンジアップがあったからこそ、投球の幅は広かったが、高橋の直球への意識を変えるには十分すぎる“変化“だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」