野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

新型コロナ感染から復帰の鷹・長谷川が代打で満塁弾! 14年目で初「最高の結果に」

ソフトバンクの長谷川勇也外野手が15日、敵地でのオリックス戦で満塁本塁打を放った。1点リードの6回1死で代打で登場。右翼スタンド中段に運ぶ確信の今季1号で、一気にリードを広げた。

6回に代打満塁ホームランを放ったソフトバンク・長谷川勇也【画像:パーソル パリーグTV】
6回に代打満塁ホームランを放ったソフトバンク・長谷川勇也【画像:パーソル パリーグTV】

1点リードの6回に内角のシンカーをうまくさばいて右翼スタンドへ

■オリックス – ソフトバンク(15日・京セラドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクの長谷川勇也外野手が15日、敵地でのオリックス戦で満塁本塁打を放った。1点リードの6回1死で代打で登場。右翼スタンド中段に運ぶ確信の今季1号で、一気にリードを広げた。

 オリックスの2番手・比嘉と対峙した長谷川。追い込まれた4球目に来た内角のシンカーにうまく反応すると、打球は弧を描いて右翼スタンドへ。プロ14年目で初となるグランドスラムは、打撃職人らしい技ありのアーチとなった。

 長谷川は8月に新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けて離脱。9月29日に1軍復帰し、ここぞの場面で起用されてきた35歳は、会心の一発に「打ったのはシンカーだと思います。追い込まれていたので、何とか前に飛ばそうと思って打ちにいきました。最高の結果になってくれたし、追加点を取れて良かったです」とコメントした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」