野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹、初回6連打の猛攻で6連勝 “天敵”攻略に工藤監督ご満悦「理想的過ぎる攻撃」

ソフトバンクは16日、本拠地PayPayドームで楽天と戦い、7-3と快勝して今季2度目の6連勝とした。初回にいきなり怒涛の6連打で4点を先制。先発のムーアが7回まで3失点にまとめて逃げ切った。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

初回に6連続単打、4連続適時打で一気に4点を先制

■ソフトバンク 7-3 楽天(16日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクは16日、本拠地PayPayドームで楽天と戦い、7-3と快勝して今季2度目の6連勝とした。初回にいきなり怒涛の6連打で4点を先制。先発のムーアが7回まで3失点にまとめて逃げ切った。

 初回1死から川島、柳田が連打を放ってチャンスを作ると、柳田、グラシアル、栗原、中村晃と4連続適時打が飛び出した。6連続単打で一気に4点を先行し、今季2戦2敗と苦手にしていた“天敵”塩見を攻略。2回には甲斐がソロ、3回には松田宣が8年連続2桁本塁打に到達する10号2ランを放って加点した。

 大量リードをもらったムーアは2回に下水流に2ランを浴び、4回には味方のエラーもあって1点を失ったが、大崩れすることはなく、7回まで3失点に抑えた。8回以降は嘉弥真、高橋礼、松本と、勝利の方程式を使わずに4点のリードを守り抜いた。

 試合後、工藤公康監督は「素晴らしい攻撃だったと思います。塩見くんの変化球をしっかり自分たちのタイミングの中で打てた。なかなか苦労していた投手をよく打ってくれた。理想的過ぎる攻撃でした」と。今季わずか1点しか奪えていなかった左腕を早々と攻略した先制攻撃に目を細めていた。

 チームは勝負所の終盤戦で強さを見せつける6連勝。指揮官は「連勝云々よりも、この3連戦を勝つことが大事。まだ厳しい戦いは続く。ここから一戦一戦が重くなるので、1試合ずつ大事に戦っていくことが大事」と気を緩めることなく、翌日の試合に視線を向けていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」