野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA梶谷が逆転満塁弾、ダメ押し2ラン 首位巨人に最大5点差も大逆転勝利

DeNAの梶谷隆幸外野手が18日、巨人戦(横浜)で逆転グランドスラムを含む1試合2発6打点の大暴れ。最大5点差あった試合をひっくり返して、10-6で大勝した。勝率5割に復帰した。

DeNA・梶谷隆幸【写真:荒川祐史】
DeNA・梶谷隆幸【写真:荒川祐史】

6回まで5点差も…梶谷は7回グランドスラム、8回2ランで今季最多6打点

■DeNA 10-6 巨人(18日・横浜)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 DeNAの梶谷隆幸外野手が18日、巨人戦(横浜)で逆転グランドスラムを含む1試合2発6打点の大暴れ。最大5点差あった試合をひっくり返して、10-6で大勝した。勝率5割に復帰した。

 まずは2-5で迎えた7回無死満塁。左打者キラーの高梨の内角ツーシームをバットに乗せ、右中間席へ18号満塁弾をかっ飛ばした。満塁弾は自身4本目。ハマスタ大興奮の一撃だった。楽天からトレード加入した巨人・高梨は9月9日の中日戦から16試合連続無失点。防御率0.57と抜群の安定感を誇っていたが、その快記録も止めた。

 ダメ押し弾は8回2死三塁。桜井から右翼ギリギリへ19号2ランを放った。6回終了で5点ビハインドの試合を大逆転し、ラミレス監督も大喜びだった。巨人は継投が誤算だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」