野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神・藤浪、球団記録更新の162キロマーク! 甲子園はどよめきおさまらず

阪神・藤浪晋太郎投手が19日、本拠地での阪神戦で球団最速を更新する162キロをマークした。自身の最速も1キロ更新し、スタンドからはどよめきと拍手が巻き起こった。

阪神・藤浪晋太郎【写真:荒川祐史】
阪神・藤浪晋太郎【写真:荒川祐史】

同点の7回に登板 2死から松本への2球目に計測し空振り奪う

■阪神 – ヤクルト(19日・甲子園)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 阪神・藤浪晋太郎投手が19日、本拠地での阪神戦で球団最速を更新する162キロをマークした。自身の最速も1キロ更新し、スタンドからはどよめきと拍手が巻き起こった。

 藤浪は1-1で同点の7回に登板。2死を奪った後、迎えた松本に対して1ボールからの2球目に高めの直球が162キロを計測。空振りを奪った豪速球に、スタンドはしばらくどよめきがおさまらなかった。松本は空振り三振に仕留め、この回は三者凡退で切り抜けた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」