野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

長嶋監督が直電して病院に“懇願”…元巨人・篠塚氏の入団左右した高校時代の入院秘話

読売巨人軍史上屈指の好打者で通算1696安打を放ち、守備でも名二塁手として鳴らした篠塚和典氏(1992年途中までの登録名は篠塚利夫)が、自身の高校時代を振り返った。千葉・銚子商2年の時、4番・三塁手として春夏連続で甲子園出場を果たし、特に夏は全国制覇を達成。一方で、ケガと病気に苦しんだ高校生活でもあった。

長きに渡り巨人の主力として活躍した篠塚和典氏【写真:荒川祐史】
長きに渡り巨人の主力として活躍した篠塚和典氏【写真:荒川祐史】

導入直後の金属バットを使わなかった理由

 読売巨人軍史上屈指の好打者で通算1696安打を放ち、守備でも名二塁手として鳴らした篠塚和典氏(1992年途中までの登録名は篠塚利夫)が、自身の高校時代を振り返った。千葉・銚子商2年の時、4番・三塁手として春夏連続で甲子園出場を果たし、特に夏は全国制覇を達成。一方で、ケガと病気に苦しんだ高校生活でもあった。

 銚子商進学当時、篠塚氏には甲子園出場と同じくらい重要なテーマがあった。「高校卒業後すぐにプロ野球へ行く。そのためにアピールする」ことだった。「小学6年の時、野球部の監督に『シノ、おまえプロに行けるよ』と言ってもらった。そのひとことで決めてしまったんですよ」。

 入学直後、1年生にしてレギュラーの座を獲得した篠塚氏だったが、夏の大会直前、走塁練習中に左肘を骨折。甲子園に出場しベスト8入りしたチームの中に、その姿はなかった。

 2年生に進級するとチームの主軸となり、1年先輩のエースで中日にドラフト1位で入団することになる土屋正勝氏の活躍もあって、春夏連続で甲子園出場。夏には、決勝で山口・防府商を7-0で下す圧勝ぶりで全国制覇を果たした。この大会から高校野球に金属バットが導入されたが、篠塚氏はあえて木製で通した。「当時の金属バットは、グリップとヘッドの太さが同じくらいの代物で、自分のスイングに合わなかったという理由もあるけれど、やはりプロに行くという目標があったから、金属は使いたくなかった」と言う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」