野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハムは早大・早川ら即戦力投手を1位指名か 有原&西川にメジャー移籍の可能性

2020年のドラフト会議は10月26日に行われる。新型コロナウイルスの感染拡大により甲子園などアマチュア大会の多くが中止になり、スカウト活動も制限された中で迎えるドラフト。果たして各球団はどのような補強戦略を思い描くのだろうか。

日本ハム・ 有原航平【写真:石川加奈子】
日本ハム・ 有原航平【写真:石川加奈子】

年齢バランス良しも投打の主力がメジャー移籍する可能性、即戦力投手の指名必至か

 2020年のドラフト会議は10月26日に行われる。新型コロナウイルスの感染拡大により甲子園などアマチュア大会の多くが中止になり、スカウト活動も制限された中で迎えるドラフト。果たして各球団はどのような補強戦略を思い描くのだろうか。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ここでは各球団のポジション、年齢別の戦力構成を検証。今年のドラフトで補うべきポイントと、それにマッチするドラフト候補を挙げてみたい。今回はパ・リーグ5位の日本ハムだ。

 日本ハムのドラフト1位については「その年の一番いい選手を獲る」という方針を公言。2012年にはメジャー挑戦を希望していた二刀流・大谷翔平投手を強行指名。有原航平投手、清宮幸太郎内野手らナンバー1と評価してきた。今年も同じ方針を貫くなら競合は必至となるが、現状では1位候補と前評判の高い早大・早川隆久投手、苫小牧駒大・伊藤大海投手ら即戦力投手が有力候補か。

 投手はリーグ3位のチーム防御率3.94。ただ、エース有原航平投手が今オフにもメジャー挑戦する可能性がある。昨季はリーグ最多勝を獲得。今季はチームトップタイの7勝、リーグ最多の3完投、121回2/3とイニングイーターでもある。移籍となれば大打撃で、先発ローテの一角を任せられるような即戦力の補強は欠かせないだろう。

 年齢構成を見ると、19歳の吉田輝星投手が最年少でそこから30代まで満遍なく選手が在籍しており、バランスは悪くない。先発を任されている左腕が上原健太投手、河野竜生投手くらいで、ここは厚くしたいところか。

 野手の年齢構成、右打者・左打者を見ると、バランスの良い印象を持つ。野手の主力最年長は31歳中田翔内野手で、大田泰示外野手は30歳。だが、近藤健介外野手、渡邉諒内野手ら多くの主力メンバーはまだ20代と若い。清宮幸太郎内野手、野村佑希内野手、万波中正外野手と将来を担うべき若手も揃っている。しかし、不動の中堅手・西川遥輝外野手が早ければ今オフにもメジャー挑戦する意向を表明。ファームは早いサイクルで1軍の戦力に育てあげているが、育成力が試されることになるだろう。

 昨年ドラフトでは佐々木朗希投手を1位指名したが、川村球団社長が“くじ引き失敗”。栗山監督は13年3連敗、16年2連敗と5連敗中だったが、外れ1位で河野竜生投手を指名。オリックスとの競合を制して大興奮だった。競合となれば、誰がくじ引き役を務めるのか。スカウティングと育成で勝つ戦略を敷いているだけに、こちらにも注目だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」