野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

周東が驚異の週間5盗塁、6戦全勝ホークス勢の活躍が光る…パ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れて開幕した2020年のプロ野球。シーズンも残りわずかとなってきた。セ・リーグは巨人が首位を独走し、パ・リーグもソフトバンクが2位ロッテを引き離しにかかり、首位を走り始めた。

ソフトバンク・周東佑京【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・周東佑京【写真:藤浦一都】

ソフトバンクが6戦全勝で2位との差を拡大

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れて開幕した2020年のプロ野球。シーズンも残りわずかとなってきた。セ・リーグは巨人が首位を独走し、パ・リーグもソフトバンクが2位ロッテを引き離しにかかり、首位を走り始めた。

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 そんなプロ野球の10月13日から10月19日までを1週間として、この期間の成績を検証。Full-Count独自週間ベストナインを選出した。今回はパ・リーグの第18週だ。

【パ・リーグ現在の順位表】
1 ソフトバンク 104試合60勝39敗5分
2 ロッテ 102試合55勝45敗2分 5.5
3 楽天 103試合49勝50敗4分 5.5
4 西武 101試合48勝50敗3分 0.5
5 日本ハム 103試合46勝53敗4分 2.5
6 オリックス 103試合38勝59敗6分 7.0

【第18週パ・リーグ】
1 ソフトバンク 6勝0敗
2 日本ハム 3勝2敗
3 西武 3勝3敗
4 ロッテ 2勝3敗
5 楽天 2勝4敗
6 オリックス 1勝5敗

 パ・リーグ第18週はソフトバンクの好調さが浮き彫りとなる1週間だった。オリックス、楽天と対戦した6連戦は6連勝。前週からの連勝を8に伸ばし、2位ロッテとの差を一気に5.5ゲームまで広げた。21日にもマジックが点灯する可能性も出てきている。一方で楽天が2勝4敗と負け越して借金生活に転落。4位の西武と0.5ゲーム差、5位の日本ハムとも3ゲーム差に追い上げられている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」