野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹周東、“打と足”であっという間の逆転劇! 同点適時三塁打&犠飛で勝ち越し生還

ソフトバンクの周東佑京内野手が21日、敵地での日本ハム戦に「1番・二塁」でスタメン出場。5回の第3打席で同点のタイムリー三塁打を放つと、中村晃の右犠飛で勝ち越しのホームを踏んだ。

同点の適時三塁打を放ったソフトバンク・周東佑京【画像:パーソル パ・リーグTV】
同点の適時三塁打を放ったソフトバンク・周東佑京【画像:パーソル パ・リーグTV】

日ハム大田も完璧なバックホームを見せるも、周東の足が勝り勝ち越しに成功

■日本ハム – ソフトバンク(21日・札幌ドーム)

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクの周東佑京内野手が21日、敵地での日本ハム戦に「1番・二塁」でスタメン出場。5回の第3打席で同点のタイムリー三塁打を放つと、中村晃の右犠飛で勝ち越しのホームを踏んだ。

 周東が“打と足”で一気に試合をひっくり返した。1点を追う5回。1死二塁から日本ハム・バーヘイゲンの154キロのツーシームを弾き返すと打球は左中間を真っ二つ。俊足を生かしたタイムリー三塁打で同点に追いつくと、続く中村晃の右犠飛で勝ち越しのホームを踏んだ。

 日ハムの右翼・大田も自慢の強肩を生かした完璧な送球を見せたが周東の足が勝った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」