野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武あるぞ逆転CS、ついに3ゲーム差! 2位ロッテは主力欠き痛恨の4連敗で正念場

西武は22日、本拠地でのロッテ戦を6-4で勝利し4連勝を飾った。2位ロッテとのゲーム差を「3」に縮め、逆転CS進出へ望みをつなげた。

5回に6号3ランを放った西武・外崎修汰【写真:宮脇広久】
5回に6号3ランを放った西武・外崎修汰【写真:宮脇広久】

4回にスパンジェンバーグが13号2ラン、5回には外崎が6号3ランを放つ

■西武 7-4 ロッテ(22日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武は22日、本拠地でのロッテ戦を7-4で勝利し4連勝を飾った。2位ロッテとのゲーム差を「3」に縮め、逆転CS進出へ望みをつなげた。

 西武は初回に1死一、三塁で栗山が左犠飛を放ち先制に成功。1-1の同点で迎えた4回は2死三塁からスパンジェンバーグが右翼席へ13号2ランを放ち勝ち越しに成功。続く5回は外崎にも6号3ランが飛び出しリードを広げた。

 投げては先発のニールが5回6安打1失点(自責0)で5勝目を挙げた。6回から2番手で登板したギャレットが1イニング3失点で2点差に詰め寄られたが、後を受けた中継ぎ陣が逆転を許さなかった。

 ロッテは先発の小島が勝負所で一発を浴びるなど5回8安打6失点で8敗目。この日、左足首の捻挫で登録を抹消されたマーティンを欠いた打線は5点を追う6回に中村奨のタイムリーなどで3点を返したが及ばず。チームは痛恨の4連敗となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」