野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「好プレーなのに珍プレー」 楽天小深田、機転を利かせた“股タッチ”にファン爆笑

楽天のルーキー小深田大翔内野手が23日、本拠地・楽天生命パークでの日本ハム戦に「1番・遊撃」でスタメン出場。6回の守備では“強烈”タッチで二盗を阻止した。

楽天・小深田大翔【写真:荒川祐史】
楽天・小深田大翔【写真:荒川祐史】

大田はタイミングを変え右足を上げたスライディング、小深田は惑わされず好タッチ

■楽天 – 日本ハム(23日・楽天生命パーク)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 楽天のルーキー小深田大翔内野手が23日、本拠地・楽天生命パークでの日本ハム戦に「1番・遊撃」でスタメン出場。6回の守備では“強烈”タッチで二盗を阻止した。

 幻惑スライディングにも冷静だった。6回の守備。1死一塁から一走・大田がスタートを切り、打者の浅間は空振り三振。捕手・石原からの正確な送球で悠々アウトかと思われたが大田は右足を上げタッチを掻いくぐろうとしたが、小深田は上げた足と共にグラブを垂直に上げ股付近をタッチ。

 判定はセーフとなったが三木監督がリクエストを要求。リプレー映像ではわずかにタッチが早く、判定は覆り三振併殺となった。この決定的瞬間を「パーソル パ・リーグTV Lite」公式ツイッターは逃さず動画を公開。

 小深田の“強烈な一撃”にファンも「どちらも凄い」「これが本当の珍プレー」「これはセンスとしか言いようがない」「好プレーなのに珍プレー」「そこはタッチしちゃダメー」と大爆笑だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」