野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

天敵・西勇輝を5失点KO 専門家が指摘する巨人の強さの秘訣「チームが同じ方向を」

巨人は23日、本拠地・東京ドームで阪神に5-4で競り勝ち、優勝マジックを5に減らした。これまで今季4度対戦し、1完封を含め0勝3敗、対戦防御率1.47と抑え込まれていた西勇輝投手を攻略し、初めて土をつけた。巨人で2007年まで22年間、名スコアラーとして鳴らした三井康浩氏の目には、主力を中心に明確な“西勇対策”が見て取れた。

 巨人・丸佳浩【写真:荒川祐史】
巨人・丸佳浩【写真:荒川祐史】

0勝3敗だった西勇輝を5回5失点KO、坂本・丸が徹底した対策をした

■巨人 5-4 阪神(23日・東京ドーム)

 巨人は23日、本拠地・東京ドームで阪神に5-4で競り勝ち、優勝マジックを5に減らした。これまで今季4度対戦し、1完封を含め0勝3敗、対戦防御率1.47と抑え込まれていた西勇輝投手を攻略し、初めて土をつけた。巨人で2007年まで22年間、名スコアラーとして鳴らした三井康浩氏の目には、主力を中心に明確な“西勇対策”が見て取れた。

 西勇の鋭いシュートとスライダーのコンビネーションに、翻弄され続けてきた巨人打線。この日は、相手一塁手・マルテの1試合4失策にも助けられたが、三井氏は「それだけではない。特に3番の坂本と5番の丸からは、西勇対策を練り、工夫して打席に臨んでいることが伝わってきました」と言う。

 まず、左打者の丸に関しては「ボールになる内角低めのスライダー、チェンジアップに手を出さず、徹底的に外角狙い。特に外からストライクゾーンに入ってくるスライダーをイメージしていた」と見た。2回にバックスクリーンへ放り込んだ先制23号ソロは、まさにその球を捉えたものだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」