野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「ボールは一級品」球団OBが指摘する阪神・高橋が“左のエース“になるための条件とは?

阪神は24日、東京ドームでの巨人戦に2-1で勝利した。先発の高橋遥人投手は、巨人が誇る大エース、菅野智之投手と今季3度目のマッチアップで、6回を4安打1失点と好投し、ようやく菅野に土をつけた。今季は開幕13連勝という無敵ぶりを発揮している菅野に投げ勝ったことは、3年目左腕にとって「すごく自信になったと思いますよ」と語るのは、阪神OBで元メジャーの藪恵壹氏だ。

阪神・高橋遥人【写真:荒川祐史】
阪神・高橋遥人【写真:荒川祐史】

阪神OB藪恵壹氏が期待する高橋の成長と乗り越えるべき課題

■阪神 2-1 巨人(24日・東京ドーム)

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 阪神は24日、東京ドームでの巨人戦に2-1で勝利した。先発の高橋遥人投手は、巨人が誇る大エース、菅野智之投手と今季3度目のマッチアップで、6回を4安打1失点と好投し、ようやく菅野に土をつけた。今季は開幕13連勝という無敵ぶりを発揮している菅野に投げ勝ったことは、3年目左腕にとって「すごく自信になったと思いますよ」と語るのは、阪神OBで元メジャーの藪恵壹氏だ。

 この日の両投手の状態について「ここへ来て調子自体はちょっと落ちて来ていますね。菅野投手は13連勝が止まって2連敗。真っ直ぐがきていなかった。高橋もそうでしたね」と話す。

「菅野投手は7回に指がつったようで、一度マウンドで投球練習をしながら、ベンチへ戻り、またマウンドに上がりました。それくらい、シーズン終盤にきてピッチャーはかなり疲労がたまっているなと、両投手を見て感じました」

 そんな中、沢村賞投手の候補にも挙がる菅野に投げ勝った高橋だが、この日の勝因はどこにあったのか。

「丁寧に投げていましたし、連打されないピッチングでした。唯一、菅野投手に中越え二塁打を許した6回だけですよね。投手に打たれると、ああいう展開になる。でも、よく1点で凌ぎました。あそこを1点で凌いだことで、直後の勝ち越しに繋がりました」

 藪氏も現役時代、何度もマッチアップを重ねながら、なかなか勝てなかった投手がいるという。それが、元中日の今中慎二氏だ。

「僕は大分、ドラゴンズ戦で勝てなかったんですけど、相手はだいたい今中でしたね。正確なマッチアップ回数は覚えていませんが、印象としては3、4回は勝てなかった気がします。最後の方で少し勝つようになりましたけど。ようやく勝った時はエース級に投げ勝ったということで、大きな自信になりました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」