野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

なぜここまで鷹周東は盗塁を量産? 元コーチが指摘する“不完全でも成功”の妙

ソフトバンクは25日、本拠地PayPayドームで西武に7-2で快勝し、優勝マジックを「2」とした。「1番・二塁」で先発出場した周東佑京内野手が5打数3安打1打点、初回には2つの球団記録に一気に並ぶ二盗を決めた。今月上旬までロッテと激烈な首位争いを展開しながら怒涛の12連勝などで一気に差をつけたチームにおいて、この24歳の働きは大きい。

初回に9試合連続盗塁を成功させたソフトバンク・周東佑京【写真:藤浦一都】
初回に9試合連続盗塁を成功させたソフトバンク・周東佑京【写真:藤浦一都】

盗塁王争い独走の45盗塁、球団タイ記録の月間19個目をマーク

■ソフトバンク 7-2 西武(25日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは25日、本拠地PayPayドームで西武に7-2で快勝し、優勝マジックを「2」とした。「1番・二塁」で先発出場した周東佑京内野手が5打数3安打1打点、初回には2つの球団記録に一気に並ぶ二盗を決めた。今月上旬までロッテと激烈な首位争いを展開しながら怒涛の12連勝などで一気に差をつけたチームにおいて、この24歳の働きは大きい。

 周東は初回、中前打で出塁すると、続く2番・中村晃の4球目に二盗成功。パ・リーグ盗塁王争いを独走する今季45盗塁目は、10月に入ってから19個目。広瀬叔功氏が1964年5月にマークした球団記録に並んだ。さらに9試合連続盗塁となり、こちらも73年の島野育夫氏の球団記録タイに。71、74年に当時阪急(現オリックス)の福本豊氏が樹立した日本記録の11試合連続まで、あと「2」に迫った。1死後、柳田の適時打で先制のホームを踏んだ。

 ソフトバンクは今月9日時点で、2位ロッテにゲーム差なしと肉薄されていたが、翌10日から破竹の12連勝で、一気に優勝に近づいた。連勝は24日に止まったものの、いまやロッテには9.5ゲームの大差をつけている。周東は10日時点で打率.250にとどまっていたが、11日以降の最近13試合で56打数21安打(打率.375)、出塁率.426と急上昇。今季打率は一気に2分6厘もアップし、.276となっている。

 チームの快進撃と周東の活躍には、濃密な関係がある。ダイエー・ソフトバンクで13年間コーチを務めて名伯楽として知られ、その後巨人コーチ、オリックス監督などを歴任した森脇浩司氏は「周東がイニングの先頭で出塁すれば、高い確率で二盗を決め、無死二塁で2番・中村晃、3番・柳田、4番・グラシアルを迎えることができる。得点できる可能性が非常に高くなるのは言うまでもない」と指摘。「今後、打順が変わることもあるだろうが、周東が塁に出ただけで、相手バッテリー、ベンチには相当なプレッシャーがかかる。いずれにしても、こうした得点パターンを確立できたことが、ホークスの快進撃につながっていると思う」と続けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」