野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「サニブラウンに勝った男」は日本ハムから2位指名 中大・五十幡に吉報届く

中大・五十幡亮汰外野手が26日、2020年度の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」で日本ハムから2位指名を受けた。男子100m日本記録保持者のサニブラウン・アブデル・ハキームにかつて短距離で勝利した稀代の快足に吉報が届いた。

日本ハムから2位指名された中大・五十幡亮汰【写真:荒川祐史】
日本ハムから2位指名された中大・五十幡亮汰【写真:荒川祐史】

100mのベスト10秒79を誇る稀代の快足 強肩と広角の打撃も魅力

 中大・五十幡亮汰外野手が26日、2020年度の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」で日本ハムから2位指名を受けた。男子100m日本記録保持者のサニブラウン・アブデル・ハキームにかつて短距離で勝利した稀代の快足に吉報が届いた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 五十幡は、埼玉・長野中学3年時に「全国中学陸上競技選手権」100mと200mでサニブラウンを破って優勝。「日本一速い中学生」と注目を集めた。野球では名門の栃木・佐野日大に進学。甲子園出場は果たせなかったものの、中大では1年からレギュラーに。100mのベストは10秒79、一塁駆け抜けは3秒5を誇る。

 昨秋のリーグ戦では9盗塁をマーク。172センチ、64キロと決して恵まれた体格ではないが、強肩に加え広角に打てる打撃も魅力で評価を急上昇させてきた。日本球界を見渡しても屈指の足の持ち主が、NPBの世界に飛び込むことになる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」