野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • ドラフト
  • “サニブラウンに勝った男”中大・五十幡は日本ハム2位 「西川選手を参考に…」

“サニブラウンに勝った男”中大・五十幡は日本ハム2位 「西川選手を参考に…」

「2020年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日開催され、中大の五十幡亮汰外野手は日本ハムから2位指名された。

日本ハムから2位指名された中大・五十幡亮汰【写真:編集部】
日本ハムから2位指名された中大・五十幡亮汰【写真:編集部】

同僚の牧はDeNAへ2位、一緒に会見

「2020年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日開催され、中大の五十幡亮汰外野手は日本ハムから2位指名された。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 学内のホールでプロジェクターに映し出されたドラフト中継を見守った。自身の名前が呼ばれるとホッとしたように表情を緩め、無数の拍手とフラッシュのなかで小さくお辞儀を繰り返した。

 その後、DeNAから2位指名を受けた牧秀悟内野手とともに会見に臨んだ五十幡は「まずはホッとしています。自分は足が一番の武器。足を活かした3拍子揃った選手になりたい」と抱負を語った。

 中学時代は陸上部に所属し、全中では100メートル走の現日本記録保持者サニブラウン・アブデル・ハキームを破り優勝した俊足の持ち主。100メートルの自己ベストは10秒79を誇る。目標とする選手を聞かれると「西川選手を参考にずっと盗塁を練習してきた。元西武の秋山選手やヤクルトの青木選手のような選手になりたい」と話した。

(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」