野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • ドラフト
  • 田澤純一や関本Jr.&度会Jr.ら指名されず… 指名漏れした主なドラフト候補選手は?

田澤純一や関本Jr.&度会Jr.ら指名されず… 指名漏れした主なドラフト候補選手は?

2020年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、都内のホテルで開催され、支配下指名で74選手、育成指名で49選手が指名された。注目を集めた近大の佐藤輝明内野手は4球団競合の末に阪神が、早大の早川隆久投手は4球団競合の末に楽天がそれぞれ交渉権を確定させた。

BC埼玉武蔵・田澤純一【写真:佐藤直子】
BC埼玉武蔵・田澤純一【写真:佐藤直子】

東海大の小郷や早大の今西らも名前呼ばれず

 2020年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、都内のホテルで開催され、支配下指名で74選手、育成指名で49選手が指名された。注目を集めた近大の佐藤輝明内野手は4球団競合の末に阪神が、早大の早川隆久投手は4球団競合の末に楽天がそれぞれ交渉権を確定させた。

U-12代表から社会人代表まで24選手 「侍ジャパン」からNPB入りする経験者たち(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 全部で123選手が12球団から指名された今回のドラフト会議。念願のプロ野球から指名を受けた選手がいる一方で、朗報が届かなかった選手も。ここでは主な指名漏れ選手を見ていこう。

 まさかの指名漏れとなったのはルートインBCリーグ埼玉武蔵の田澤純一投手。いわゆる「田澤ルール」が撤廃されNPBへの扉が開かれたものの、名前は支配下でも、育成でも呼ばれず。朗報は届かなかった。

 田澤の他にも早大で早川とチームメートだった今西拓弥投手や東海大の小郷賢人投手、ホンダ鈴鹿の森田駿哉投手と松本竜也投手も指名されなかった。また、高校生では元阪神・関本賢太郎氏の息子である履正社・関本勇輔捕手、元ヤクルトの度会博文氏の息子の横浜・度会隆輝内野手も指名されなかった。

【指名漏れした主なドラフト候補】
田澤純一(埼玉武蔵)
前川哲(BC新潟)
逢澤崚介(トヨタ自動車)
森田駿哉(ホンダ鈴鹿)
松本竜也(ホンダ鈴鹿)
小郷賢人(東海大)
今西拓弥(早大)
加藤三範(筑波大)
西野力矢(大阪桐蔭)
関本勇輔(履正社)
度会隆輝(横浜高)
小牟田龍宝(青森山田)
鵜沼魁斗(東海大相模)
片山楽生(白樺学園)

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」