野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹のサプライズはドラ2の横浜商・笹川 永井編成本部長が絶賛「能力高い」

2020年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、都内のホテルで開催された。ソフトバンクは近大・佐藤輝明内野手を抽選で外し、1位で花咲徳栄の井上朋也内野手を指名。2位以下も高校生の指名を続け、支配下で指名した5選手全員が高校生となった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

巨人ドラ1の亜大・平内は永井本部長の甥っ子「頑張ってもらいたい」

 2020年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、都内のホテルで開催された。ソフトバンクは近大・佐藤輝明内野手を抽選で外し、1位で花咲徳栄の井上朋也内野手を指名。2位以下も高校生の指名を続け、支配下で指名した5選手全員が高校生となった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 松田宣ら内野手の高齢化が顕著となっているソフトバンクは佐藤を外しても、強打の内野手として井上を指名。さらに2位では横浜商の笹川吉康外野手、3位では日大藤沢高の牧原巧汰捕手と、次々に高校生を指名した。

 4位では“今宮2世”の呼び声高い青森山田高の川原田純平内野手を指名し、5位ではOBの田上秀則捕手の甥っ子の履正社・田上奏大投手を指名。育成ドラフトでは8人を指名し、全13選手を指名した。

 ソフトバンクの永井智浩編成本部長はドラフト会議終了後にオンラインで会見し「80点から90点は付けられる」とドラフトを総括。大学生や社会人ではなく全員が高校生となったことについて「能力の高い選手を取りたかった。純粋にウチの中心選手になってくれるであろう選手を獲得した」と語った。

 5選手の中でも、注目が2位で指名した横浜商高の笹川吉康外野手。永井本部長は「情報が取り合いになる世の中、どこも見てなかった選手はそうはいない。2位でいった笹川くんは高校生の外野ということですが、昨年外野を補強した中でも獲得したくらい能力が高い選手」とコメント。昨年のドラフトで佐藤直樹外野手、柳町達外野手を獲得しているが、それでも2位で指名したところに能力の高さと期待が伺える。

 また、巨人のドラフト1位で指名された亜大の平内龍太投手は永井本部長の甥っ子。「我々も評価していた。縁はなかったですが、1位で頑張ってもらいたい」とエールを送っていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」