野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • ドラフト
  • 4球団競合の楽天1位・早川、引き当てた石井GMに感じた縁「左投手としての縁もあると…」

4球団競合の楽天1位・早川、引き当てた石井GMに感じた縁「左投手としての縁もあると…」

2020年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、都内のホテルでリモート開催され、早大の最速155キロ左腕・早川隆久投手は今回のドラフト最多タイとなるヤクルト、楽天、西武、ロッテの4球団が競合し、クジ引きの末に楽天が交渉権を獲得した。

楽天が交渉権を獲得した早大・早川隆久【写真:編集部】
楽天が交渉権を獲得した早大・早川隆久【写真:編集部】

名前の縁も明かした石井GMが引き当てたクジ「素直に嬉しい気持ち」

 2020年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、都内のホテルでリモート開催され、早大の最速155キロ左腕・早川隆久投手は今回のドラフト最多タイとなるヤクルト、楽天、西武、ロッテの4球団が競合し、クジ引きの末に楽天が交渉権を獲得した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 寮のラウンジで指名を見届けた早川はその後、授業に出席した関係で午後8時過ぎに東京・東伏見の早大室内練習場で会見。学ラン姿でマイクを握った左腕は4球団のクジ引きで石井GMが引いた瞬間を振り返り、「その時は素直にうれしい気持ちだった。(4球団競合は)そこまで評価していただいたことが素直にうれしい」と笑みをこぼした。

 引き当てた石井GMは、自身の父の名前が「隆(たかし)」、自身の名前が「一久(かずひさ)」と、早川の「隆久」の2文字が両方入っていることを挙げ、縁を感じていると明かしていた。早川もその質問を受けると「名前の話も聞いて縁があると感じたし、石井GMが左手で引いてくれた時は左投手としての縁もあると感じた」と振り返った。

 プロ入り後に対戦したい相手は、高校時代からのライバルであり、東京六大学で鎬も削ったDeNA1位指名の明大・入江大生投手の名前を挙げた左腕。一方で、地元で小さい頃からファンだったロッテと縁がなかったことについては「別に何かが変わるわけでもなく、ただロッテに縁がなかったというだけ。楽天に行くと決まり、今度は敵としてロッテを倒せれば」と誓った。

 早川は千葉県出身。木更津総合(千葉)時代は3年春夏ともに甲子園8強入りし、高校日本代表に選出された。名門・早大進学後は1年春にリーグ戦デビュー。3年生のシーズンから就任した元ロッテの小宮山悟監督の下、学年を追うごとに本格化し、今年はエース兼主将となった。8月に行われた春季リーグ戦で自己最速155キロを記録。カブスのダルビッシュ有投手が「いやいや笑 左で155km/hって笑」と驚きのツイートし、話題となった。

 リーグ戦通算12勝12敗ながら、今秋は5登板4勝0敗、防御率0.25、奪三振率14.64と圧倒的な成績を残し、「大学No.1投手」の評価は揺るがない。「1年目から新人王を狙いたい」と語っており、気合は十分だ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」