野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日大野雄は沢村賞へ10勝目、ビシエドが打点王へ打撃2冠…セ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れて開幕した2020年のプロ野球。シーズンも終盤戦に入ってきた。セ・リーグは巨人が優勝マジック4、パ・リーグはソフトバンクが優勝マジック2、それぞれリーグ優勝が目前に迫っている。

中日・大野雄大(左)とダヤン・ビシエド【写真:荒川祐史】
中日・大野雄大(左)とダヤン・ビシエド【写真:荒川祐史】

巨人のリーグV2目前も中日は2週続けて5勝1敗の好成績

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れて開幕した2020年のプロ野球。シーズンも終盤戦に入ってきた。セ・リーグは巨人が優勝マジック4、パ・リーグはソフトバンクが優勝マジック2、それぞれリーグ優勝が目前に迫っている。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 そんなプロ野球の10月20日から10月25日までを1週間として、この期間の成績を検証。Full-Count独自週間ベストナインを選出した。今回はセ・リーグの第19週だ。

【セ・リーグ現在の順位表】
→1 巨人 107試合63勝38敗6分 M4
→2 中日 109試合56勝48敗5分 8.5
→3 阪神 108試合52勝50敗6分 3.0
→4 DeNA 109試合51勝53敗5分 2.0 
→5 広島 108試合44勝54敗10分 4.0
→6 ヤクルト 107試合38勝61敗8分 6.5

【セ・リーグ第19週】
1 中日 5勝1敗
2 阪神 3勝3敗
2 広島 3勝3敗
4 巨人 2勝3敗1分
4 ヤクルト 2勝3敗1分
5 DeNA 2勝4敗

 巨人は2勝3敗1分と負け越したものの、前週終了時点で7だったマジックを4まで減らした。今週序盤でリーグ2連覇が迫ってきている。第18週に続いて好調だったのが中日。2週間で10勝2敗と大きく勝ち越して、3位・阪神と3ゲーム差に広げた。2位だった2012年以来8年ぶりのAクラスがグッと近づいてきている。ラミレス監督の今季限りでの退任が発表されたDeNAはAクラスに入ることができるか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」