野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人の目前V2を阻止したDeNA ヒーロー砂田&平田が感謝したコーチの助言とは?

DeNAは29日、横浜スタジアムで行われた巨人戦に5-2で勝利し、同一カード3連勝を決めた。巨人の優勝マジック対象チームの中日が敗れたため、敗戦ならリーグ優勝が決定する状況だったが、投手陣の踏ん張りで2年連続の目前での優勝を阻止した。

DeNA・砂田毅樹(左)と平田真吾【写真:荒川祐史】
DeNA・砂田毅樹(左)と平田真吾【写真:荒川祐史】

1点リードの6回1死満塁で砂田、平田と“一人一殺”、ラミレス監督「今日のターニングポイント」

■DeNA 5-2 巨人(29日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAは29日、横浜スタジアムで行われた巨人戦に5-2で勝利し、同一カード3連勝を決めた。巨人の優勝マジック対象チームの中日が敗れたため、敗戦ならリーグ優勝が決定する状況だったが、投手陣の踏ん張りで2年連続の目前での優勝を阻止した。

 平良とサンチェスの両先発の好投で投手戦の展開となったが、勝敗のポイントとなったのがリリーフ陣の活躍だった。2-1とリードはわずか1点の6回、平良が1死から松原、坂本に連打され、続く岡本に四球を与えて1死満塁のピンチを招いた。ここでラミレス監督は、好投していた先発の平良を諦め、第1打席で本塁打を放っている丸に対して左の砂田をリリーフに送った。選球眼のいい丸にボールが先行し、フルカウントまで持ち込まれたが、最後は決め球のスクリューボールで空振り三振に仕留めた。

 2死満塁となり、中島の打席でラミレス監督はすかさず右の平田にスイッチした。簡単に2ストライクと追い込んだ後、ボールが3つ続いてこちらもフルカウントとなったが、最後はスライダーで見逃し三振を奪ってピンチを切り抜けた。

 試合後、絶体絶命のピンチを切り抜けた2人のリリーバーは、お立ち台で同じ人物の名前を口にした。砂田は「川村(投手コーチ)さんに、とりあえず丸1人を抑えてこい、と言われた。今日は調子が良かったので、3ボールになったことは気にならなかった。それよりも丸さんには前の対戦でホームランを打たれているので、そちらの方が気になった。抑えた時は、嬉しいというよりはほっとした」と満足そうな表情だった。

 平田も「川村さんに頭が突っ込まないことだけを注意しろ、とアドバイスされたので、それだけを意識して投げた。四球だけは出さないようにと思っていたが、キャッチャーがいいリードしてくれたので抑えることができた」と、こちらは表情を変えず飄々と話した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」