野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・周東をどう止める… 走らせないための近道は“出塁させないこと”!?

ソフトバンクの周東佑京内野手は30日、敵地メットライフドームで行われた西武戦で、自身の日本記録を更新するとともに、メジャー記録をも上回る「13試合連続盗塁」を達成した。今季トータルではリーグ断トツの49盗塁に。いったい誰が、どうやったら周東を止めることができるのか。

ソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】

メジャー記録を超える13試合連続盗塁を記録した周東

■ソフトバンク 4-3 西武(30日・メットライフ)

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 ソフトバンクの周東佑京内野手は30日、敵地メットライフドームで行われた西武戦で、自身の日本記録を更新するとともに、メジャー記録をも上回る「13試合連続盗塁」を達成した。今季トータルではリーグ断トツの49盗塁に。いったい誰が、どうやったら周東を止めることができるのか。

 周東は7回1死走者なしから左前打を放ち、この日4打席目にして初めて出塁した。マウンド上の西武3番手・小川は、正対する一塁走者にとってスタートを切りにくい左腕。捕手の森も、29日時点で盗塁阻止率.314を誇り、決して盗塁を決めるのは容易くはない捕手だ。

 小川は続く中村晃へ初球を投じる前に、2度牽制球を投じ、周東がやや逆をつかれるシーンもあった。カウント1-1から、もう1球牽制球。それでも周東は続く3球目に、敢然とスタートを切った。

 投球は外角にはっきり外れるボール球のストレート。森の送球は若干高く浮いたが、二塁ベース上には来ていた。しかし周東は、余裕を持って二塁に滑り込んだ。

 周東が出塁した時から、メットライフドームは異様な静寂に包まれていた。スタートを切った瞬間、わっと歓声が湧き、塁審が両手を広げると、360度から拍手が送られた。野球ファンは周東のお陰で久しぶりに、盗塁のスリリングな魅力を再認識しているようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」