野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「西武がCS争いをしている理由」 鷹戦を“ノーノー無双”、獅子の剛腕が最終兵器に

西武は1日、本拠地でのソフトバンク戦を3-1で勝利し連敗を3でストップした。2位ロッテとのゲーム差は1.5とクライマックスシリーズ進出に向け激しい争いを続けている。圧倒的強さでリーグ制覇を果たしたホークスに向け“リリーフ最強兵器”が存在する。高卒3年目の剛腕にファンも「鷹狩りは脱帽」と驚きの声を上げている。

1日の試合では松田宣の打球を好捕した西武・平良海馬【画像:パーソル パ・リーグTV】
1日の試合では松田宣の打球を好捕した西武・平良海馬【画像:パーソル パ・リーグTV】

今季ソフトバンク戦は9試合1勝0敗、4ホールド、防御率0.00。打者32人に対し無安打10奪三振

■西武 3-1 ソフトバンク(1日・メットライフ)

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 西武は1日、本拠地でのソフトバンク戦を3-1で勝利し連敗を3でストップした。2位ロッテとのゲーム差は1.5とクライマックスシリーズ進出に向け激しい争いを続けている。圧倒的強さでリーグ制覇を果たしたホークスに向け“リリーフ最強兵器”が存在する。高卒3年目の剛腕にファンも「鷹狩りは脱帽」と驚きの声を上げている。

 この日もリリーフエースがホークス打線を完璧に封じた。平良は2点リードの8回に4番手と登板すると松田宣を144キロのカットボールで投直、バレンティンを129キロのスライダーで空振り三振、最期は川瀬を153キロの直球で遊ゴロに仕留め3者凡退に抑え勝利のバトンを繋いだ。

 今季はここまで50試合に登板し1勝0敗、30ホールド1セーブ、防御率1.68をマークし新人王候補にも名前が挙がっている。その中でも対ホークス戦は9試合に登板し1勝0敗、4ホールド、防御率0.00。打者32人に対し無安打10奪三振と圧巻の成績を残している。

 逆転CSで進出となればソフトバンクには脅威となる右腕を「パーソル パ・リーグTV」も「対鷹打線最強兵器!? 今季いまだ無安打・無失点」とのタイトルでホークス打線を抑え込む特集動画を公開。これにはファンも「今年の西武がCS争いをしている理由」「これは新人王」「末恐ろしい」「鷹狩りは脱帽」と多くのコメントが寄せられていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」