野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日14年“落合ドラフト”の不思議…上位4人は戦力外、下位選手が奮闘の逆転現象

中日は3日、小熊凌祐投手、伊藤準規投手、阿知羅拓馬投手、鈴木翔太投手、石川駿内野手、育成の浜田智博投手、大蔵彰人投手の計7人に来季契約を結ばないことを通告したと発表した。当時の落合博満GMが辣腕を振るった2014年のドラフトで指名された浜田智、石川駿が戦力外となり、これで1~4位が中日の現役ユニホームを脱ぐことに。一方、下位指名の選手が1軍で存在感を見せる“逆転現象”が起きている。

中日・石川駿(左)と浜田智博【写真:荒川祐史】
中日・石川駿(左)と浜田智博【写真:荒川祐史】

14年ドラフト組の石川駿、育成の浜田智博が戦力外に

 中日は3日、小熊凌祐投手、伊藤準規投手、阿知羅拓馬投手、鈴木翔太投手、石川駿内野手、育成の浜田智博投手、大蔵彰人投手の計7人に来季契約を結ばないことを通告したと発表した。当時の落合博満GMが辣腕を振るった2014年のドラフトで指名された浜田智、石川駿が戦力外となり、これで1~4位が中日の現役ユニホームを脱ぐことに。一方、下位指名の選手が1軍で存在感を見せる“逆転現象”が起きている。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 14年2位指名の浜田智は、テークバックの際に両手を上げる「バンザイ投法」で注目を集めたが、1軍出場は1年目の1試合のみ。17年からは育成契約となり、2桁背番号復帰を目指してきた。今季は2軍戦に26試合に登板し、0勝1敗、防御率5.94。4年間のチャンスで、支配下返り咲きは果たせなかった。

 同じく14年4位の石川駿は、強打の二塁手として荒木雅博・現1軍内野守備走塁コーチの後継を期待されたが、腰痛などの故障にも悩まされて1軍出場は限定的に。今季は11試合に出場し、10打数3安打。通算31試合で1本塁打、6打点、打率.244だった。

 14年のドラフトでは、1位指名された野村亮介がわずか3年で戦力外になり、打撃投手に。3位の友永翔太も19年限りで戦力外となり、現役を引退した。社会人と大学生の指名とはいえ、6年間で上位の4人が中日から去ることになった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」