野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム18年ドラ1吉田輝が大炎上KO 2回までに自己ワースト8失点

日本ハムの吉田輝星投手が2回8失点と大炎上しノックアウトされた。4日に敵地メットライフドームで行われた西武戦に先発したが、序盤から西武打線につかまり、大量点を奪われた。

日本ハム・吉田輝星【写真:石川加奈子】
日本ハム・吉田輝星【写真:石川加奈子】

初回に4点を失うと、2回にも4失点でノックアウト

■西武 – 日本ハム(4日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの吉田輝星投手が2回8失点と大炎上しノックアウトされた。4日に敵地メットライフドームで行われた西武戦に先発したが、序盤から西武打線につかまり、大量点を奪われた。

 初回先頭の金子を一塁への内野安打、続く源田を二塁への内野安打で出塁させ、外崎には左前適時打を浴びて先制点を献上。栗山、中村に連続四球を与えて押し出しで1点を失うと、スパンジェンバーグに適時打、木村に犠飛を許して初回からいきなり4点を失った。

 2回には先頭の金子を四球で歩かせ、源田に右前適時打。さらに外崎に四球を与えると、2死からスパンジェンバーグには3ランを浴びた。2回までに6安打4四球で自己ワーストの8失点の大炎上でノックアウトとなった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」