野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・周東、ボテボテ捕ゴロで三塁到達? ファン大盛り上がり「キャッチャー前三塁打」

ソフトバンクの周東佑京内野手が、ボテボテの捕ゴロ内野安打で三塁まで進む衝撃のプレーを見せた。

ソフトバンク・周東佑京【画像:パーソル パ・リーグTV】
ソフトバンク・周東佑京【画像:パーソル パ・リーグTV】

捕手前の内野安打を放つと、挟殺プレーの間に三塁まで進む

■ソフトバンク 2-0 ロッテ(4日・ZOZOマリン)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクの周東佑京内野手が、ボテボテの捕ゴロ内野安打で三塁まで進む衝撃のプレーを見せた。

 4日に敵地ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ戦。5回1死一塁でこの日の第3打席に立つと、打球は当たり損ないのボテボテのゴロに。ロッテ捕手の田村が打球を掴んだが、周東の驚異の速さに一塁送球を諦めざるをえず。すぐさま振り返ると、三塁を回っていた牧原を挟んだ。

 ロッテ守備陣が挟殺プレーを行っている間に周東は二塁へ進むと、さらにはスルスルと三塁まで到達した。この一連のプレーを「パーソル パ・リーグTV」は「周東佑京 超ボテボテのゴロなのに…『まさかの三塁到達』」と題して動画を紹介。ファンから「足速すぎ」「内野ゴロスタンディングトリプルは速ぇ笑」「でた!キャッチャー前三塁打(笑)」と大盛り上がりだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」