阪神、福留孝介&能見篤史&上本博紀の退団を正式発表 ベテラン去り変革へ

阪神の上本博紀、福留孝介、能見篤史(左から)【写真:荒川祐史】
阪神の上本博紀、福留孝介、能見篤史(左から)【写真:荒川祐史】

藤川も引退…チーム支えてきたベテランが続々と去るオフに

 阪神は6日、福留孝介外野手、能見篤史投手、上本博紀内野手の今季限りでの退団を発表した。チームを支えてきたベテラン3選手が去り、大きく生まれ変わることになる。

 福留はメジャーリーグで5年間プレーした後、2013年に阪神に加入。球界最年長の43歳で臨んだ今季はここまで43試合に出場し1本塁打、12打点、打率.154だった。41歳を迎えた能見は2005年から一筋で、今季は32試合に登板。1勝0敗、防御率5.01だった。同じく生え抜きの上本は今季25試合出場にとどまっていた。

 チームでは、藤川球児投手も今季限りでの引退を表明。これまで屋台骨として支えてきたベテラン勢が続々とタテジマのユニホームを脱ぐことになり、阪神は大きな変革期を迎える。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY