野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平「思い切り腕を振りたい」 “普通じゃなかった”投手復帰の苦悩を激白

大谷翔平「思い切り腕を振りたい」 “普通じゃなかった”投手復帰の苦悩を激白

エンゼルスの大谷翔平投手がFull-Count編集部のインタビューに応じ、来季の投手復活へ燃える思いを告白した。18年10月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、7月26日(同27日)の敵地アスレチックス戦で693日ぶりに投手復帰。8月3日(同4日)に右屈曲回内筋群の損傷と診断されて打者に専念した。わずか2試合登板、0勝1敗、防御率37.80と不本意な成績に終わった。現在は米国でリハビリに励む大谷は今季の苦闘の日々を吐露。投球フォームを見直していることも明かした。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

2年ぶりの投手復帰はわずか2先発にとどまった「反省もなかなか出来なかった」

 エンゼルスの大谷翔平投手がFull-Count編集部のインタビューに応じ、来季の投手復活へ燃える思いを告白した。18年10月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、7月26日(同27日)の敵地アスレチックス戦で693日ぶりに投手復帰。8月3日(同4日)に右屈曲回内筋群の損傷と診断されて打者に専念した。わずか2試合登板、0勝1敗、防御率37.80と不本意な成績に終わった。現在は米国でリハビリに励む大谷は今季の苦闘の日々を吐露。投球フォームを見直していることも明かした。

【写真】「2人の天使だ」とファン大絶賛! 米有名人気“美人”レポーターが大谷翔平の腰に手を回し…笑顔2ショット写真を公開

――60試合制の短いシーズンだった。今季を振り返って。
「ポストシーズンにもあと一歩で行けなかったので、個人的にもそうですけど、悔しかったなと思います」

――開幕前のマイナーで調整する機会もなかった。やはりきつかったか。
「どうですかね……。なかったものは仕方ないので。やっている時に不満はなかったです」

――右前腕筋負傷後はノースロー。シーズン終了後、どのようなリハビリを行っているか。
「投げ始めて3、4週間というところです。今日(5日)は120フィート(約37メートル)を投げました。強度はそれなりに。75、80マイル(約120.7キロ、約128.8キロ)ぐらいですね。順調に来ていると思います」

――今季終了時に「不安なくしっかり投げられるというのが最低条件」と話していた。今季は投球数自体も少なかったが、手応えの1球はあったか。
「手応えのある球は1球もなかったですかね。全体的に。あんまり投げ心地も良くなかったですし、打たれた原因が自分の投げ心地の悪さだったり、出来の悪さだったと思う。もちろん自信を持って投げた球を打たれたなら、どこが悪かった、何が良かった、はあると思うんですけど、根本的に投げ心地が良くないと反省もなかなか出来ない。今年に限って言えば、そういう感じの2試合だった」

――肘の手術を受け、昨オフは投球フォームについて「右腕のルートを変える」と話していた。このオフも変更をしているのか。
「(フォーム変更は)ずっとやってはきてますね。もっと効率よく投げたいなという感じですかね。腕もそうですし、軸足もそうです。タイミングとか使い方とか細かいところからやっています」

――今までの引き出しにあるものから探っていくのか。一から作っていく感じか。
「壊すということはないです。もちろん自分の特長を活かしながら、打撃も投球もデザインしていく必要があると思っています。今までやってきた練習の中で、『自分はどういう傾向があるのか』『どういう持ち味がある投手なのか』をしっかり理解して、そこをデザインしていく感じですかね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」