野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト奥川、3回途中KOも無限の可能性 専門家が「楽しみしかない」と語る理由

ヤクルトのドラフト1位ルーキー・奥川恭伸投手が10日、本拠地での広島戦でプロ初登板初先発。1軍デビューを果たしたが3回途中9安打、2奪三振無四死球5失点で降板しプロ初黒星を喫した。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で捕手として21年間活躍した野口寿浩氏はそれでも「来季へ向けて楽しみしかない」と評した。

ヤクルト・奥川恭伸【写真:荒川祐史】
ヤクルト・奥川恭伸【写真:荒川祐史】

セットポジションでの球速、内角を攻めきれない投球など、課題も浮き彫り

■広島 7-3 ヤクルト(10日・神宮)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ヤクルトのドラフト1位ルーキー・奥川恭伸投手が10日、本拠地での広島戦でプロ初登板初先発。1軍デビューを果たしたが3回途中9安打、2奪三振無四死球5失点で降板しプロ初黒星を喫した。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で捕手として21年間活躍した野口寿浩氏はそれでも「来季へ向けて楽しみしかない」と評した。

 プロの洗礼を浴びた。1軍初登板の相手はリーグ随一の破壊力を誇る広島。しかも最初の打者は、球団初の5年連続打率3割狙いで異例の1番に入った、侍ジャパンの4番打者の鈴木誠だった。いきなりカウント3-1からど真ん中の148キロ速球を叩かれ、中堅手の右を抜く二塁打を浴びる。続く田中広は147キロで左邪飛に仕留め、長野は外角のフォークを引っかけさせたものの、三塁内野安打となる不運。松山には外角の148キロ速球をとらえられ、左中間を破る先制2点二塁打を許した。

 なおも1死一、三塁のピンチで、堂林をカウント2-2からフォークで空振り三振。高橋大にはファウルで粘られた挙句、10球目の外角高めのスライダーで見送り三振に仕留めた所が、この日最大の見せ場だった。

 3回は無死一塁から、松山に内角を突いた142キロを右翼席中段に運ばれ、さらに坂倉の投手強襲安打、堂林の中前打と続いたところで、降板を命じられた。2番手の星が床田に適時打を浴びて奥川が出した走者を返したため、失点はもう1つ加算された。

 57球でのKOとなったが、2軍でも球数は、今月1日のイースタン・日本ハム戦で5回無安打1四球無失点に抑えた際の56球が最多だった。野口氏は「仮に無失点に抑えていたとしても、50~60球で降板していたでしょう。内容はともかく、球数は予定通りだったのではないか」と見る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」