野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人は宮國、ヤクルト上田ら今季1軍経験者らに戦力外通告…各球団発表、11日の去就は?

巨人は11日、宮國椋丞投手、ナティーノ・ディプラン投手に来季の契約を結ばないことを発表。また、高木京介投手を自由契約とすると発表した。

巨人、ヤクルトからそれぞれ戦力外となった宮國椋丞(左)と上田剛史【写真:荒川祐史】
巨人、ヤクルトからそれぞれ戦力外となった宮國椋丞(左)と上田剛史【写真:荒川祐史】

巨人・高木京介は自由契約へ、育成契約の可能性

 巨人は11日、宮國椋丞投手、ナティーノ・ディプラン投手に来季の契約を結ばないことを発表。また、高木京介投手を自由契約とすると発表した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 宮國は沖縄・糸満高から10年ドラフト2位で巨人入り。12年に1軍デビューして6勝(2敗)をマーク。13年には開幕投手を務めた。今季は21試合登板、0勝0敗、防御率5.33だった。ディプランは昨オフにドミニカ共和国から育成選手として契約。3月に支配下契約された。1軍で2試合登板、防御率19.29だった。高木は今季17試合登板、0勝1敗1セーブ、4ホールド、防御率3.65を記録していたが、8月3日に出場選手登録を抹消されていた。育成契約の可能性がある。

 ヤクルトは上田剛史外野手と藤井亮太内野手、田代将太郎外野手に対して来季の契約を結ばないことを伝えた。上田は2006年の高校生ドラフトでヤクルトから3位指名を受けて入団。2009年に1軍デビューを果たすと、2014年にはキャリアハイとなる115試合に出場した。

 藤井は2013年のドラフトで6位指名を受けて入団。2017年には97試合に出場。田代は2011年のドラフトで西武から5位指名を受け入団するも、2017年限りで戦力外に。12球団合同トライアウトを受け、2018年にヤクルトと契約を結んだ。今季は46試合に出場し、7安打2打点、打率.149だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」