野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

高卒は華やかだけど…西武ドラ2浜屋が「社会人からでも遅くない」と語るワケ

パ・リーグは9日、レギュラーシーズンが終了した。一時は5位に沈んだが、終盤には2位争いを演じる追い上げを見せた西武。惜しくも「パーソル クライマックス パ」(CS)進出を逃したが、1軍の戦力となって活躍したルーキーもいた。新入団選手を紹介する4回目は、三菱日立パワーシステムズ(現・三菱パワー)からドラフト2位で入団した、浜屋将太投手だ。

西武・浜屋将太【写真:荒川祐史】
西武・浜屋将太【写真:荒川祐史】

昨年ドラフト2位の浜屋は今季3勝をマークした

 パ・リーグは9日、レギュラーシーズンが終了した。一時は5位に沈んだが、終盤には2位争いを演じる追い上げを見せた西武。惜しくも「パーソル クライマックス パ」(CS)進出を逃したが、1軍の戦力となって活躍したルーキーもいた。新入団選手を紹介する4回目は、三菱日立パワーシステムズ(現・三菱パワー)からドラフト2位で入団した、浜屋将太投手だ。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 小学校2年生の時に兄とともにソフトボールをはじめ、中学校から野球に転向。高校は鹿児島の名門・樟南高に進学し3年時には夏の甲子園に出場した。しかし、先発した2回戦の花咲徳栄高戦では、7回途中5失点でマウンドを降り、チームも敗退。力不足を実感しプロ志望届は提出せず、社会人に進んだ。

「自分には力が無かった。社会人でもっと力をつけて、ドラフト上位を目指そうと思いました。最初は大学進学も考えましたが、社会人は会社に行きながら練習をしている。仕事をしながら野球をやるというのが、かっこいいと思いました。実力のある選手もいっぱいいる。そこで自分を磨きたかった。社会人が魅力的でした」

 夏の甲子園で優勝した作新学院高の今井達也投手(現・西武)や花咲徳栄高の高橋昂也投手(現・広島)ら、高校からプロ入りを果たした同級生もいた。社会人になってからもプロの試合をよく見ており、彼らの姿を見て「負けられない。自分もプロの舞台で活躍したい」と強く思うようになった。社会人では、まず身体作りに力を入れた。

「高校生の時は身体がすごく細かったのですが、たくさん食べてウエートトレーニングにも取り組み、体重は20キロ増えました。バッターのレベルの高さも感じました。高校の時に比べてボール球を振ってくれないし、対応が全く違う。1年先にソフトバンクに入団した奥村さん(政稔投手)をはじめ、先輩方から変化球や立ち上がりの入り方、考え方などいろいろ聞きました」

 その結果、2年目からは主に先発として活躍し、3年目には都市対抗でも好投。そして、ドラフトで西武から2位指名を受け、自身が目標としていた上位指名を掴み取った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」