野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

CS第1戦の鍵を握るのは誰だ? “3冠”千賀と“鷹キラー”美馬を得意とするのは…

ソフトバンクとロッテが戦う「パーソル クライマックスシリーズ パ」は14日、ソフトバンクの本拠地PayPayドームで第1戦を迎える。ソフトバンクは今季投手3冠に輝いた千賀滉大投手、ロッテは対ソフトバンクに相性の良い美馬学投手が初戦の先発マウンドを託された。

ロッテ・美馬学(左)とソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】
ロッテ・美馬学(左)とソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】

千賀は目下40イニング連続自責点なし、美馬は対鷹5勝1敗と好相性

 ソフトバンクとロッテが戦う「パーソル クライマックスシリーズ パ」は14日、ソフトバンクの本拠地PayPayドームで第1戦を迎える。ソフトバンクは今季投手3冠に輝いた千賀滉大投手、ロッテは対ソフトバンクに相性の良い美馬学投手が初戦の先発マウンドを託された。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 千賀は今季リーグトップの11勝をマークし、最多勝、最多奪三振、最優秀防御率のタイトルを獲得。特にシーズン終盤は圧巻の投球を続け、9月29日の楽天戦の初回に1点を失ってから、40イニング連続で自責点なしとしている。対ロッテ戦は今季3試合で2勝1敗。8月18日の対戦では7回途中6失点で負け投手になっているが、10月28日、11月4日と終盤の2試合は共に8回無失点で勝ち投手となっている。

 一方の美馬は今季19試合に先発して10勝をマーク。移籍1年目で3年ぶりの2桁勝利をマークした。ソフトバンク戦には7試合に先発して5勝1敗と、今季の勝利数の半分をリーグ優勝を果たした相手から稼いだ。楽天時代の昨季もソフトバンクを得意としており、球界を代表する“鷹キラー”。10月29日の対戦では7回1失点、11月5日も8回途中1失点と好投している。

 千賀対美馬という顔合わせで投手戦は必至となりそうな第1戦。両先発がどれだけ相手打線を封じ込めるか、裏を返せば、どちらのチームが相手の先発を先に攻略できるか、が重要な鍵を握りそうだ。

 では、両チームで相手先発を攻略する“急先鋒”となりそうなキーマンは誰か。打席数こそ少ないが、今季の対戦成績から探ってみよう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」