野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス森、日本Sへ王手かける3者凡退の完璧セーブ 「絶対に抑えてやろうと」

ソフトバンクは14日、本拠地で行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦を4-3で逆転勝利。同点で迎えた8回に甲斐の内野安打で勝ち越すと、9回は守護神・森が2三振を奪うなど3者凡退に抑えた。

3番手として登板しセーブを記録したソフトバンク・森唯斗【写真:荒川祐史】
3番手として登板しセーブを記録したソフトバンク・森唯斗【写真:荒川祐史】

8回の攻防で明暗分けたセットアッパー

■ソフトバンク 4-3 ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクは14日、本拠地で行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦を4-3で逆転勝利。同点で迎えた8回に甲斐の内野安打で勝ち越すと、9回は守護神・森が2三振を奪うなど3者凡退に抑えた。

 同点で迎えた8回、互いのセットアッパーが明暗を分けた。ソフトバンクのモイネロが3者凡退に抑えたのに対し、ロッテの澤村は2つの四球などで満塁とされ、勝ち越し内野安打を許した。1点リードに変わった9回は森唯斗が3人でしっかりと締めてセーブを記録。その瞬間にモイネロに白星、澤村の黒星が確定するとともに、1勝のアドバンテージを含めて2勝としたソフトバンクが日本シリーズ進出に王手をかけた。

 森は決勝打の甲斐とともにお立ち台に上がり「気持ちだけは負けないようにと思っていましたが、ファンの皆さんが後押ししてくれました」と、スタンドを埋めたファンの応援に感謝した。その後、報道陣の取材に応じた森は「いい緊張感でできました。いい調整ができて準備はバッチシでした」と胸を張った。

 1点リードで上がったマウンドに「短期決戦なので気合は入っていました。『いつもそうやって投げろ』と言われますけど、いつも気合が入っていないわけじゃないんですけどね」と苦笑しながら「同点でもいくつもりでしたし、8回の攻撃を見て点が入った時とは『絶対に抑えてやろう』ともう1個スイッチを入れてマウンドに上がりました」と振り返った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」