野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹が一気に突破決めるか、ロッテ逆襲なるか… CS第2戦のキーマンは?

ソフトバンクとロッテが対戦する「パーソル クライマックスシリーズ パ」は15日、ソフトバンクの本拠地PayPayドームで行われる。4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけるソフトバンクの先発は東浜巨投手、一方、アドバンテージを含めて0勝2敗となり崖っぷちに立たされたロッテはシーズン途中に加入したチェン・ウェイン投手が先発する。

ロッテのチェン・ウェイン(左)とソフトバンク・東浜巨【写真:荒川祐史、藤浦一都】
ロッテのチェン・ウェイン(左)とソフトバンク・東浜巨【写真:荒川祐史、藤浦一都】

ロッテは中村奨や清田ら右打者が東浜攻略の鍵?

■ソフトバンク – ロッテ(CS・15日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクとロッテが対戦する「パーソル クライマックスシリーズ パ」は15日、ソフトバンクの本拠地PayPayドームで行われる。4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけるソフトバンクの先発は東浜巨投手、一方、アドバンテージを含めて0勝2敗となり崖っぷちに立たされたロッテはシーズン途中に加入したチェン・ウェイン投手が先発する。

 2勝0敗としているソフトバンクが一気にCS突破を決めるのか、ロッテが意地を見せて一矢を報いるのか。では、第2戦で両チームのキーマンとなりそうなのは、どの選手か。両先発との相性などから見ていってみよう。

 ソフトバンクの東浜はレギュラーシーズンで開幕投手を任され、今季19試合に先発して9勝2敗、防御率2.34の好成績を残した。対ロッテ戦は5試合に登板して2勝1敗、防御率3.41。規定投球回到達をかけて登板した11月5日の対戦で8回途中6失点と崩れて負け投手となったが、それまでの4試合では好投している。

 打者別で見ると、打席数こそ少ないが、最も打っているのは清田育宏で4打数2安打となっている。打席数の多い面々でいくと、13打数4安打、打率.308の中村奨吾、12打数4安打、打率.333の田村龍弘と右打者の方がよく打っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」