野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“甲斐キャノン”が炸裂! 藤原恭大の二盗阻止、鷹は絶体絶命の窮地脱する

ソフトバンクの甲斐拓也捕手の“甲斐キャノン”が炸裂した。15日に行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。4回に盗塁を狙った藤原恭大外野手を見事な送球で刺した。

ソフトバンク・甲斐拓也が好送球でロッテ・藤原恭大の盗塁を阻止【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・甲斐拓也が好送球でロッテ・藤原恭大の盗塁を阻止【写真:荒川祐史】

4回に盗塁を狙ったロッテ藤原を見事な送球で刺す

■ソフトバンク – ロッテ(CS・15日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手の“甲斐キャノン”が炸裂した。15日に行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。4回に盗塁を狙った藤原恭大外野手を見事な送球で刺した。

 この回1死から東浜が荻野に左前安打、藤原に右前安打を許して1死一、三塁とされた。続く清田の打席で4球目に藤原がスタート。甲斐は素早いステップから見事なストライク送球を周東に送り、見事にアウトとした。

 2回には藤原に盗塁を決められていた甲斐だったが、2つ目の盗塁は決めさせず。このあと、東浜は清田に四球を与えたものの、安田を空振り三振に仕留めて何とか無失点に凌いだ。甲斐キャノンが窮地脱出の足掛かりとなった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」