野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークスとロッテの差はどこに? 元鷹コーチが指摘した「シーズンと違う野球」

ソフトバンクが15日、本拠地PayPayドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦でロッテに6-4で逆転勝ちし、4年連続日本シリーズ進出を決めた。レギュラーシーズンでは2位ロッテに14ゲーム差をつけた鷹だが、直接対決では11勝12敗1分と負け越していた。短期決戦で両軍の差が浮き彫りになったシーンとは……。元ヤクルト外野手で、昨年まで5年間ソフトバンクのコーチを務めていた飯田哲也氏が分析した。

本塁打を放った中村晃を迎えるホークスナイン【写真:荒川祐史】
本塁打を放った中村晃を迎えるホークスナイン【写真:荒川祐史】

ソフトバンク川島が見せた横っ飛び好捕「味方打線の反撃、逆転につなげることができた」

■ソフトバンク 6-4 ロッテ(CS・15日・PayPayドーム)

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクが15日、本拠地PayPayドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦でロッテに6-4で逆転勝ちし、4年連続日本シリーズ進出を決めた。レギュラーシーズンでは2位ロッテに14ゲーム差をつけた鷹だが、直接対決では11勝12敗1分と負け越していた。短期決戦で両軍の差が浮き彫りになったシーンとは……。元ヤクルト外野手で、昨年まで5年間ソフトバンクのコーチを務めていた飯田哲也氏が分析した。

 ソフトバンクの先発・東浜は立ち上がりの1回に、いきなり2安打3四死球と制球を乱し3失点。2回にも2死二塁のピンチを迎え、フラフラの状態だった。ここでプロ15年目、37歳のベテランがいぶし銀の働きを見せた。

 清田が放った打球はセンター前に抜けるかと思われたが、二塁手の川島が横っ飛びで押さえた。内野安打にはなったが、抜けていれば二塁走者の藤原がホームインしていたはずの当たり。東浜は続く安田を空振り三振に仕留め、追加点を許さなかった。

「川島のプレーは非常に大きかった。あの1点が入らなかったお陰で、東浜はなんとか4回まで持ちこたえ、味方打線の反撃、逆転につなげることができた」と飯田氏は指摘する。川島は前日の第1戦は、9回に二塁の守備に就いただけだったが、この日は「2番・二塁」でスタメン出場。劣勢でも、不動のレギュラーではなくても、出場した選手がそつなく自分の役割を果たすところに、ソフトバンクの強さの一端がある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」