野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ安田は4番ブレークも2選手が戦力外…19年2軍タイトルホルダーの明暗

若手たちが経験を積み、1軍昇格を目指すファームの舞台。シーズン終了後には1軍と同様に各部門のタイトルが発表される。ここでは2019年のタイトルホルダーやリーグトップの好成績をマークした選手たちが今シーズンどのような成績を残したのか? 各選手たちの“明暗”に注目した。

ロッテ・安田尚憲【写真:荒川祐史】
ロッテ・安田尚憲【写真:荒川祐史】

イ打撃“3冠王”ロッテ安田は今季1軍で113試合出場、ウ首位打者の中日・石川駿ら2選手は戦力外通告

 若手たちが経験を積み、1軍昇格を目指すファームの舞台。シーズン終了後には1軍と同様に各部門のタイトルが発表される。ここでは2019年のタイトルホルダーやリーグトップの好成績をマークした選手たちが今シーズンどのような成績を残したのか? 各選手たちの“明暗”に注目した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 昨年イースタンでタイトルを獲得した中で最もブレークしたのはロッテ・安田尚憲内野手だろう。将来の4番候補と期待され、昨季はイースタンでじっくり育成。19本塁打、82打点、116安打でイースタン“3冠王”。今季は開幕1軍入りして7月21日から「4番・三塁」に定着した。熾烈なCS争いとなったシーズン終盤に7、9番で先発することはあったが、113試合出場、打率.221、6本塁打、54打点。ソフトバンクとのクライマックスシリーズでは9打数4安打の打率.444、1本塁打、4打点。来季へ経験を積んだ。

 昨年21本塁打、56打点でウエスタン2冠王に輝いた広島のアレハンドロ・メヒア内野手も開幕1軍入り。「5番・三塁」で開幕スタメンを勝ち取ったが、安定した打撃を見せられなかった。7月上旬からスタメン落ちして同24日に出場選手登録を抹消。1、2軍を行ったり来たりして打率.188、2本塁打、4打点にとどまった。得点圏打率.087と勝負強さにも課題を残した。

 西武・山野辺翔内野手は29盗塁でイースタン盗塁王を獲得。今季は1軍定着して完走。打率.233、0本塁打、4打点、5盗塁と完全ブレークとはいかなかった。イースタントップの最高出塁率.414を記録した巨人・北村拓己内野手は開幕1軍入り。57試合出場でプロ初本塁打を放ち、打率.227、2本塁打、10打点、出塁率.326。10月下旬に抹消となり、日本シリーズの登録メンバーからも外れた。ウエスタンで最多26盗塁を決めた真砂勇介は8月下旬に1軍昇格して打率.314、1本塁打、6打点、2盗塁をマークした。

 一方で、このオフに戦力外通告を受けたのが選手もいる。中日・石川駿内野手は昨季打率.317でウエスタン首位打者を獲得。出塁率.368もリーグトップだったが、今季は腰痛など故障に苦しんだ。1軍では11試合出場、10打数3安打。荒木雅博(現1軍内野守備走塁コーチ)の後継者候補は今季限りでの現役引退を決断した。ウエスタン最多108安打を記録したソフトバンクの育成・田城飛翔外野手も戦力外通告を受けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」