野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス強すぎシリーズ10連勝! 13得点で巨人圧倒、2連勝で4年連続日本一に前進

ソフトバンクが2連勝で4年連続の日本一に大きく前進した。22日に京セラドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第2戦。序盤から打線が爆発して3回までに6点のリードを奪うとその後も打線が止まらず13-2で大勝。これで初戦、2戦目に勝って2勝0敗に。2018年の第3戦から記録を更新する日本シリーズ10連勝となった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】

昨年からのポストシーズン14連勝、デスパイネはシリーズタイ記録の6打点

■ソフトバンク 13-2 巨人(日本シリーズ・22日・京セラドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクが2連勝で4年連続の日本一に大きく前進した。22日に京セラドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第2戦。序盤から打線が爆発して3回までに6点のリードを奪うとその後も打線が止まらず13-2で大勝。これで初戦、2戦目に勝って2勝0敗に。2018年の第3戦から記録を更新する日本シリーズ10連勝となった。

 力の差を見せつけるような完勝だった。初回、柳田が中堅の頭上を超える適時二塁打を放って先制すると、グラシアルの内野安打で二塁の吉川尚が悪送球し、1点を追加。さらにデスパイネの三ゴロの間にも加点し、初回だけで3点を奪った。

 2回には甲斐がソロ本塁打を放って、巨人先発の今村をノックアウト。3回には左前安打で出塁した柳田を一塁に置き、グラシアルが戸郷から左中間へ運ぶ2ランを放ち、3回までにリードを6点に広げた。7回にはデスパイネがトドメの満塁弾。デスパイネは1試合6打点でシリーズタイ記録となった。

 先発の石川は早いテンポで次々にボールを投げ、巨人打線を手玉に取った。3回までわずか1安打。5回にウィーラーに2ランを浴びて2点を失ったが、6回途中4安打2失点と好投した。6回1死一、二塁で降板となったが、その後を嘉弥真、高橋礼で凌ぐと、7回からは岩嵜、杉山、椎名のリレーでリードを守った。

 これで昨年からポストシーズンの連勝は14連勝に。第1戦で打ち立てた日本シリーズ9連勝の新記録もさらに更新して10連勝の大台に乗せた。シリーズ成績は2勝0敗となり、4年連続日本一へ圧倒的な優位を作って、本拠地の福岡に戻ることになる。

 巨人は先発の今村が大誤算。初回にいきなり3点を失うと、2回には甲斐にソロを浴びて2回途中4安打4失点でKO。替わった2番手の戸郷もグラシアルに2ランを浴びてソフトバンク打線を止められず。打線もウィーラーの2ランの2点止まり。13失点は日本シリーズでの球団ワースト記録となった。これで0勝2敗と厳しい状況に立たされた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」