野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人は炭谷を使うべき? 左腕ムーア攻略には左打者が有効か…第3戦のポイント分析

ソフトバンクと巨人が顔を合わせる「SMBC日本シリーズ2020」は24日に、ソフトバンクの本拠地PayPayドームに舞台を移して第3戦が行われる。2勝0敗としているソフトバンクはマット・ムーア投手、厳しい状況となっている巨人はエンジェル・サンチェス投手が予告先発として公示された。

巨人・炭谷銀仁朗(左)とソフトバンクのマット・ムーア【写真:荒川祐史】
巨人・炭谷銀仁朗(左)とソフトバンクのマット・ムーア【写真:荒川祐史】

巨人先発のサンチェスはビジターで好成績の“外弁慶”

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・24日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクと巨人が顔を合わせる「SMBC日本シリーズ2020」は24日に、ソフトバンクの本拠地PayPayドームに舞台を移して第3戦が行われる。2勝0敗としているソフトバンクはマット・ムーア投手、厳しい状況となっている巨人はエンジェル・サンチェス投手が予告先発として公示された。

 2連勝で4年連続の日本一へ優位な状況を作ったソフトバンク。一方で厳しい状況に立たされている巨人。双方が助っ人投手を先発に立てる第3戦のポイントはどこにあるか。今季は交流戦もなく、ともに初見の相手となる。両投手の今季の投球データから勝負の鍵を探ってみる。

 菅野、今村が先発した2試合で2連敗を喫した巨人の先発はサンチェス。韓国のSKワイバーンズから今季巨人に加入。来日1年目から15試合に登板し、菅野、戸郷に次ぐチーム3位の8勝(4敗)をマークしている。

 サンチェスは今季8勝を挙げた内の半分の4勝をビジターでマークしている。敵地では7試合に先発して4勝1敗、防御率1.58。防御率4.71だったホームゲームよりもビジターの試合を得意としている。第3戦はビジターのPayPayドームの開催。初めて投げるマウンドという懸念はあるが、ひとつポジティブなデータと言える。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」