野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・中村晃が3打点の躍動 丸との“交錯騒動”一蹴「色んな人が言ってますけど…」

ソフトバンクが4年連続日本一に王手をかけた。24日に本拠地PayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第3戦。3回に中村晃の2ランで3試合連続で先制すると、先発のムーアが7回まで巨人打線を無安打に封じる圧巻の投球。守護神の森が9回2死から安打を許して史上2度目の継投ノーヒットノーランこそ逃したが、完勝で4連覇にあと1勝とした。

ソフトバンク・中村晃【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・中村晃【写真:荒川祐史】

「高い球に手を出そうと思っていました」3回にサンチェスから2ラン

■ソフトバンク 4-0 巨人(日本シリーズ・24日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクが4年連続日本一に王手をかけた。24日に本拠地PayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第3戦。3回に中村晃の2ランで3試合連続で先制すると、先発のムーアが7回まで巨人打線を無安打に封じる圧巻の投球。守護神の森が9回2死から安打を許して史上2度目の継投ノーヒットノーランこそ逃したが、完勝で4連覇にあと1勝とした。

 打のヒーローはポストシーズン男の中村晃だった。3回、内野安打で出塁した周東を二塁におくと、ここまで好投していたサンチェスの高めに浮いたカットボールを捉えた。「2ストライクだったので高い球に手を出そうと思っていました」と言う打球は右翼スタンドへと飛び込む2ランに。2点の先制点を生む大きな一発になった。

 2点リードで迎えた7回の第4打席では右前へと落とす適時打を放ち、この日は2安打3打点。2打席連続本塁打でシリーズMVPに輝いたクライマックスシリーズに続く大活躍だった。

 京セラドームで行われた第1戦では巨人・丸佳浩外野手が一塁へ駆け抜けた際に、足が当たるアクシデントがあった。ファンや球界関係者も巻き込み物議を醸したが、当の中村晃はこの騒動を一蹴する。

 試合後に丸本人から直接、謝罪の電話があったことを明かし「同級生ですし、丸のこともよく知ってますし、偶然当たっちゃったんだろうな、と思うだけでしたけど。いろんな人がいろんなこと言ってますけど、僕と丸の中で終わっているので、別にいいのかな、とその話は」と全く意に介さず。

 中村晃と丸は同い年。中村晃は帝京高の出身で、丸は千葉経済大付と共に関東地方の強豪校に通い、練習試合などでも顔を合わせていたという。若手の頃にはウエスタン・リーグで共にプレーしており、親交も深い。その当人同士のことだけに、中村晃は気にもしなかったという。

 兎にも角にも、4年連続日本一に王手をかけたソフトバンク。「1個負けると流れは変わる。今日取れたのは大きいのかなと思います」と選手会長の中村晃は言う。一気に頂点へ。25日の第4戦で2年連続のスイープ日本一を決めに行く。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」